電子書籍 ぼくの短歌ノート 実用

著: 穂村弘 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ぼくの短歌ノート あらすじ・内容

人気歌人にして名エッセイストの著者が、近現代の短歌の中から意想外のテーマで名作・傑作を選びだし、眼からウロコの講評を加える。「コップとパックの歌」「ゼムクリップの歌」「賞味期限の歌」「身も蓋もない歌」「落ちているものの歌」「間違いのある歌」「ハイテンションな歌」「殺意の歌」……などなど著者ならではの鮮やかな視点と鋭い言語感覚で、一つの短歌から新たな世界を発見する、魅力に満ちた傑作短歌案内エッセイ。

この作品を共有

「ぼくの短歌ノート」最新巻

人気歌人にして名エッセイストの著者が、近現代の短歌の中から意想外のテーマで名作・傑作を選びだし、眼からウロコの講評を加える。「コップとパックの歌」「ゼムクリップの歌」「賞味期限の歌」「身も蓋もない歌」「落ちているものの歌」「間違いのある歌」「ハイテンションな歌」「殺意の歌」……などなど著者ならではの鮮やかな視点と鋭い言語感覚で、一つの短歌から新たな世界を発見する、魅力に満ちた傑作短歌案内エッセイ。

「ぼくの短歌ノート」の作品情報

レーベル
――
出版社
講談社
ジャンル
実用
ページ数
229ページ (ぼくの短歌ノート)
配信開始日
2016年1月8日 (ぼくの短歌ノート)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad