電子書籍 新九郎外道剣(光文社文庫) 文芸

著: 小杉健治 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

五万両の茶器~新九郎外道剣(一)~ あらすじ・内容

御蔵前片町にある札差・平戸屋の美人娘おきよが攫われた。盗賊・相模の五右衛門たちが5万両といわれる茶器を平戸屋から手に入れるためだった。盗賊からおきよを救った御家人・柴新九郎は、茶器をめぐる壮絶な争いに巻き込まれていく。人を斬るに躊躇なく、女を抱くに見境ない……まさに外道の剣客・新九郎。痛快!書下ろし時代小説シリーズ第1弾。

この作品を共有

「新九郎外道剣(光文社文庫)」最新巻

甲府城の金蔵から50両を奪い逐電した本田多十朗を討つため、柴新九郎は黒川金山・奥之瀬に向かった。奥之瀬に辿り着くや、新九郎への討手が現れる。そして、衝撃の事実が判明した。密命は、勤番支配の奸計だったのだ。捕縛を免れた新九郎は、江戸に舞い戻り、勤番支配の謀略を暴く! 自らの出生に煩悶し続けた外道・新九郎の「旅路の果て」は――。シリーズ堂々完結!!

「新九郎外道剣(光文社文庫)」作品一覧

(10冊)

各550円 (+税)

まとめてカート

御蔵前片町にある札差・平戸屋の美人娘おきよが攫われた。盗賊・相模の五右衛門たちが5万両といわれる茶器を平戸屋から手に入れるためだった。盗賊からおきよを救った御家人・柴新九郎は、茶器をめぐる壮絶な争いに巻き込まれていく。人を斬るに躊躇なく、女を抱くに見境ない……まさに外道の剣客・新九郎。痛快!書下ろし時代小説シリーズ第1弾。

回向院脇で職人が胴体を真っ二つにされて殺害された。その場にいた御家人・柴新九郎に嫌疑がかかる。そんななか、老中・田沼意次に繋がる筋から密書を取り返してほしいと依頼が舞い込む。動き出した新九郎にいきなり仕掛けられた罠。密書にはとんでもない秘密が隠されていた。大好評のシリーズ第2弾。躊躇なく人を斬り、見境なく女を抱く“外道”新九郎の剣が唸る!

江戸で3人続いて辻斬りの犠牲者が出た。その凄まじい斬り口から御家人・柴新九郎に疑いがかかる。しかし、その新九郎の伯父がまた凶刃に倒れる。混迷する下手人探しの一方、新九郎は謎の多い自らの出生の秘密を探り始める。次第に明らかになってきた本当の父、そして連続辻斬りの真犯人とはいったい――。大人気シリーズの第3弾。新九郎の外道ぶり、ここに極まる。

「新九郎外道剣(光文社文庫)」の作品情報

レーベル
光文社文庫
出版社
光文社
ジャンル
文芸 時代小説 歴史
ページ数
284ページ (五万両の茶器~新九郎外道剣(一)~)
配信開始日
2016年2月12日 (五万両の茶器~新九郎外道剣(一)~)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad