電子書籍 浅見光彦のミステリー紀行 総集編(光文社文庫) 文芸

著: 内田康夫 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

浅見光彦のミステリー紀行 総集編I あらすじ・内容

「本書に書き綴られたエッセイは、内田康夫という実作者の本音であることも事実です。創作の背景にあるものを、包み隠さずさらけ出してもいます。これから内田作品を読もうと思って下さる方への道案内になれば幸甚。あるいは、これからミステリーでも書いてみるかと思っている若い人の、何らかの指針になればと思います」(著者) 大好評シリーズ、総集編第1弾!

この作品を共有

「浅見光彦のミステリー紀行 総集編(光文社文庫)」最新刊

「浅見光彦の目線を通して社会や事件を見ると、本来は不愉快なだけであるはずの現象にさえ、奇妙な魅力を感じてしまいます。彼が謎を解き、事件を解決した時、どんなに悲惨な事件であったとしても、何かしら救われたようなカタルシスを覚えるのは僕だけなのでしょうか」(著者) 旅情派ミステリーと社会派推理、その結実はいかにして出来上がったのか? 総集編第3弾!

「浅見光彦のミステリー紀行 総集編(光文社文庫)」作品一覧

(3冊)

600円〜700円(+税)

まとめてカート

「本書に書き綴られたエッセイは、内田康夫という実作者の本音であることも事実です。創作の背景にあるものを、包み隠さずさらけ出してもいます。これから内田作品を読もうと思って下さる方への道案内になれば幸甚。あるいは、これからミステリーでも書いてみるかと思っている若い人の、何らかの指針になればと思います」(著者) 大好評シリーズ、総集編第1弾!

「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず――ですが、深い浅いはともかく、付き合った編集者の数はおそらく100人近いのではないでしょうか。その人たちのことはすべて懐かしい。取材旅行先での小さな出来事も、全部思い出せます」(著者) ベストセラー作家と編集者の関係や、取材先での驚くべき秘話を余すところなく綴った、総集編第2弾!

「浅見光彦の目線を通して社会や事件を見ると、本来は不愉快なだけであるはずの現象にさえ、奇妙な魅力を感じてしまいます。彼が謎を解き、事件を解決した時、どんなに悲惨な事件であったとしても、何かしら救われたようなカタルシスを覚えるのは僕だけなのでしょうか」(著者) 旅情派ミステリーと社会派推理、その結実はいかにして出来上がったのか? 総集編第3弾!

「浅見光彦のミステリー紀行 総集編(光文社文庫)」の作品情報

レーベル
光文社文庫
出版社
光文社
ジャンル
文芸 エッセイ
ページ数
349ページ (浅見光彦のミステリー紀行 総集編I)
配信開始日
2016年2月12日 (浅見光彦のミステリー紀行 総集編I)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad