電子書籍 九十九怪談(角川文庫) 文芸・小説

完結
著者: 木原浩勝 
みんなの★
4.3

まずは、無料で試し読み

試し読み

34ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

九十九怪談 第一夜 あらすじ・内容

「新耳袋」を超える新シリーズ第1弾!

友人から久しぶりに電話があり、大学時代の仲間と同窓会をやろうと言う。当日、懐かしい顔が集まったが、肝心の友人が来ない。そのとき電話が鳴って……。自分でも気づかないうち、学校のノートに「のんちゃん」とびっしり書いていた。のんちゃんって誰だ? 初めはまったく思い出せなかったのだが……。累計100万部を突破した怪談のベストセラー「新耳袋」の木原浩勝が放つ現代百物語の新スタンダード、待望の文庫化!

  • シェア:

「九十九怪談(角川文庫)」作品一覧

(10冊)

594〜704(税込)

まとめてカート

とある駐屯地で起きた怪異の数々。弾薬庫の人影、ベッドに正座する着物姿の女、兵舎の奥から聞こえる子供の足音、夜中に響く銃声……。隊員も震えあがった恐怖体験(「自衛隊駐屯地」)。化粧品会社の工場にある無菌室で夜勤中、足元でカサカサと音が……(「無菌室」)。病院の霊安室、閉店後のデパートの売場フロア。誰もいない場所で〈何か〉にセンサーが反応し赤ランプが点る(「発報」)。日本全国で起きた恐るべき怪異の数々。選りすぐりの本当にあった怖い話99本。

小泉八雲ゆかりの地・松江で体験・蒐集した怪異の数々。美保関のトンネル入口に現れる白装束の女、天井に浮かび上がる般若心経、存在しないホテルの客室からの注文……。住民が語り継ぐ恐怖体験に震えあがる(松江シリーズ)。自動車修理店のヤードに置かれていた不思議な車。試乗すると……(「ヤード」)。天井や床下から聞こえる女のすすり泣きを止めた、本家に伝わる家宝とは(「家宝」)。恐怖テンコ盛りでお届けする実話怪談全99話。

99話全てが実体験の怪談シリーズ第9弾。現地を訪れて蒐集した背筋が寒くなる怪異の数々。新たな場所での怪異は勿論、『新耳袋』シリーズで取り上げたことで有名心霊スポットになった〈聖地〉での後日談も収録。

※二〇一六年五月にてKADOKAWAより刊行された単行本を文庫化にあたり、加筆修正を行いました。