電子書籍 宝石吐きのおんなのこ(ぽにきゃんBOOKS) ラノベ

著者: なみあと  イラストレータ:  
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

宝石吐きのおんなのこ ~ちいさな宝石店のすこし不思議な日常~ あらすじ・内容

大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。
そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。

従業員のクリューは、どこか言動の幼い、よく笑いよく怒る、栗色の髪の女の子。
一方、店主のスプートニクは、嫌みっぽく口の悪い、そのくせ外見だけは無駄に良い意地悪な青年。
そんなふたりが営む宝石店では、今日も穏やかに、賑やかに時間が過ぎていく。
しかし、クリューにはある不思議な体質があった…――「宝石を吐きだす」体質。それはふたりだけの秘密。

この体質のせいなのか、ふたりの日常は、ゴロツキやら警察局や魔法少女やら魔女協会やら…
なんだか不思議な出来事に巻き込まれていく…。

宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル開演。

この作品を共有

「宝石吐きのおんなのこ(ぽにきゃんBOOKS)」最新刊

学び、出会う。それでもあなたを思い出す。


大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。
そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。
――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。

「宝石を吐き出す」少女クリューは、体験学校に参加するためにヴィーアルトン市を訪れていた。
エルキュール宝石学校で彼女を待ち受けていたのは、見たこともない景色、初めての体験、そして新しい友達。
何かを得るためにーーその想いに苦悩しながらも、彼女にとって初めての学園生活が始まる。

一方、リアフィアット市の宝石店店主スプートニクの苦難の日々は続いていた。
そして、彼を悩ませていた客から告げられた話には、ある秘密が隠されており…ーー。
疑念、驚きの真実。彼もまた件の魔法使いの物語に巻き込まれ始める。

宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。
過去と現在が渦巻く新章第二幕、開演。

「宝石吐きのおんなのこ(ぽにきゃんBOOKS)」作品一覧

(7冊)

380円〜543円(+税)

まとめてカート

大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。
そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。

従業員のクリューは、どこか言動の幼い、よく笑いよく怒る、栗色の髪の女の子。
一方、店主のスプートニクは、嫌みっぽく口の悪い、そのくせ外見だけは無駄に良い意地悪な青年。
そんなふたりが営む宝石店では、今日も穏やかに、賑やかに時間が過ぎていく。
しかし、クリューにはある不思議な体質があった…――「宝石を吐きだす」体質。それはふたりだけの秘密。

この体質のせいなのか、ふたりの日常は、ゴロツキやら警察局や魔法少女やら魔女協会やら…
なんだか不思議な出来事に巻き込まれていく…。

宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル開演。

大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。
そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。「宝石を吐き出す」少女クリューの、すこし昔と今の話。

まだ街を出歩くのがこわかった、幼き日のクリュー。
そんな彼女が店主スプートニクに命じられたのは、たった一人での『おつかい』だった。

簡単な道筋のはずが、なかなか辿り着かない目的地。
寄り道に寄り道を重ね、先々で出会う街の人たち。
当初の目的を忘れそうになりながらも、彼女は歩みを進めていく――

――…そして、巡る記憶と現在の果てに、クリューにちいさな感情が芽生える。
「どうして私の親は、私をあそこに捨てたのだろう?」

宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。
迷いと冒険の第2幕、開演。

大陸東部の穏やかな街、リアフィアット市。
そんな街の片隅に、店員二名の小さな宝石店があった。――『スプートニク宝石店(ジュエリー・スプートニク)』。

「宝石を吐き出す」少女クリューは、彼女の働く宝石店の店主・スプートニクと共に、リアフィアット市を離れ別の街を訪れていた。
街の名はフィーネチカ、クルーロル宝石商会が支部を構える街である。
二人は、スプートニク宝石店の管理担当・ユキに会うために、このフィーネチカ市へやってきたのだった。

二人きりの遠出に胸を高鳴らせつつも、従業員としての職務をまっとうしようと意気込むクリュー。
しかしその一方、スプートニクのもとには、少々やっかいな事件が舞い込んできて…
さらに街の片隅では、何やら不穏な影が動きを見せる…。

宝石に愛された少女の、甘くて淡い、ファンタジーノベル。
日常の裏側で物語が静かに動き始める、再会にはじまる第3巻。

「宝石吐きのおんなのこ(ぽにきゃんBOOKS)」の作品情報

レーベル
ぽにきゃんBOOKS
出版社
ポニーキャニオン
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
359ページ (宝石吐きのおんなのこ ~ちいさな宝石店のすこし不思議な日常~)
配信開始日
2016年2月27日 (宝石吐きのおんなのこ ~ちいさな宝石店のすこし不思議な日常~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad