電子書籍 『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】(文春e-Books) 文芸・小説

著: 円城塔  著: 大森望 

まずは、無料で試し読み

試し読み

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】 あらすじ・内容

初の私小説『プロローグ』(文藝春秋)を上梓した作家・円城塔さん。発売を記念して、代官山蔦屋書店でSF評論家の大森望さんと「大森望のSF漫談」と題した対談が行われた。この対談を1冊にまとめたのがこのコンテンツ。 円城作品の特徴、SFと文学の境界、作品内で描かれている和歌集のコンピュータ解析、新興宗教施設を訪ねたエピソードなどを織り交ぜた、ユーモア満載の内容。 知的で壮大、時に難解とも言われる円城作品はいかにして生まれるのか? その創作の秘密にも迫った電子書籍オリジナルコンテンツ。

この作品を共有

「『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】(文春e-Books)」最新刊

初の私小説『プロローグ』(文藝春秋)を上梓した作家・円城塔さん。発売を記念して、代官山蔦屋書店でSF評論家の大森望さんと「大森望のSF漫談」と題した対談が行われた。この対談を1冊にまとめたのがこのコンテンツ。 円城作品の特徴、SFと文学の境界、作品内で描かれている和歌集のコンピュータ解析、新興宗教施設を訪ねたエピソードなどを織り交ぜた、ユーモア満載の内容。 知的で壮大、時に難解とも言われる円城作品はいかにして生まれるのか? その創作の秘密にも迫った電子書籍オリジナルコンテンツ。

「『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】(文春e-Books)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 エッセイ
ページ数
56ページ (『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】)
配信開始日
2016年3月11日 (『プロローグ』刊行記念対談 円城塔×大森望「文学とSFの狭間で」【文春e-Books】)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad