電子書籍 別冊文藝春秋(文春e-book) 文芸

著: 文藝春秋 

まずは、無料で試し読み

試し読み

131ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

別冊文藝春秋 電子版20号 あらすじ・内容

別冊文藝春秋(通巻336号/2018年7月号)

今号は新連載が二作。矢月秀作さんの「刑事学校2」は大分県警の刑事研修所で現職の若手警官を一人前の刑事に育てるべく熱血指導する教官の奮闘を描いた痛快な警察小説。望月麻衣さんの「京洛の森のアリス2」は舞妓になることを志した少女が京都らしき土地に迷い込んで巻き込まれる不思議な出来事の数々を描いた心躍るファンタジー。両作品ともに、多くの読者から愛される人気シリーズ待望の第二弾です。柴田よしきさん、中路啓太さん、谷瑞恵さんの連載は今号で終了です。

【今号の目次】
◆新連載◆
矢月秀作「刑事学校2」
望月麻衣「京洛の森のアリス2」
◆連載小説◆
藤沢周「あじゃりあじゃらか」
門井慶喜「空を拓く」
中島京子「夢見る帝国図書館」
青山文平「跳ぶ男」
千早茜「神様の暇つぶし」
本城雅人「崩壊の森」
葉真中顕「セルロイド」
知念実希人「レフトハンド・ブラザーフッド」
深緑野分「スタッフロール」
夢枕獏「ダライ・ラマの密使」
◆連載終了◆
柴田よしき「高原カフェ日誌2」
中路啓太「ゴー・ホーム・クイックリー」
谷瑞恵「まよなかの青空」
◆エッセイ・フォトエッセイ◆
北尾トロ「今晩泊めてくれないか――東京ヤドカリ漂流記」
武田花「ポップス大作戦」

この作品を共有

「別冊文藝春秋(文春e-book)」最新刊

別冊文藝春秋(通巻336号/2018年7月号)

今号は新連載が二作。矢月秀作さんの「刑事学校2」は大分県警の刑事研修所で現職の若手警官を一人前の刑事に育てるべく熱血指導する教官の奮闘を描いた痛快な警察小説。望月麻衣さんの「京洛の森のアリス2」は舞妓になることを志した少女が京都らしき土地に迷い込んで巻き込まれる不思議な出来事の数々を描いた心躍るファンタジー。両作品ともに、多くの読者から愛される人気シリーズ待望の第二弾です。柴田よしきさん、中路啓太さん、谷瑞恵さんの連載は今号で終了です。

【今号の目次】
◆新連載◆
矢月秀作「刑事学校2」
望月麻衣「京洛の森のアリス2」
◆連載小説◆
藤沢周「あじゃりあじゃらか」
門井慶喜「空を拓く」
中島京子「夢見る帝国図書館」
青山文平「跳ぶ男」
千早茜「神様の暇つぶし」
本城雅人「崩壊の森」
葉真中顕「セルロイド」
知念実希人「レフトハンド・ブラザーフッド」
深緑野分「スタッフロール」
夢枕獏「ダライ・ラマの密使」
◆連載終了◆
柴田よしき「高原カフェ日誌2」
中路啓太「ゴー・ホーム・クイックリー」
谷瑞恵「まよなかの青空」
◆エッセイ・フォトエッセイ◆
北尾トロ「今晩泊めてくれないか――東京ヤドカリ漂流記」
武田花「ポップス大作戦」

「別冊文藝春秋(文春e-book)」作品一覧

(20冊)

463円〜741円(+税)

まとめてカート

別冊文藝春秋(通巻336号/2018年7月号)

今号は新連載が二作。矢月秀作さんの「刑事学校2」は大分県警の刑事研修所で現職の若手警官を一人前の刑事に育てるべく熱血指導する教官の奮闘を描いた痛快な警察小説。望月麻衣さんの「京洛の森のアリス2」は舞妓になることを志した少女が京都らしき土地に迷い込んで巻き込まれる不思議な出来事の数々を描いた心躍るファンタジー。両作品ともに、多くの読者から愛される人気シリーズ待望の第二弾です。柴田よしきさん、中路啓太さん、谷瑞恵さんの連載は今号で終了です。

【今号の目次】
◆新連載◆
矢月秀作「刑事学校2」
望月麻衣「京洛の森のアリス2」
◆連載小説◆
藤沢周「あじゃりあじゃらか」
門井慶喜「空を拓く」
中島京子「夢見る帝国図書館」
青山文平「跳ぶ男」
千早茜「神様の暇つぶし」
本城雅人「崩壊の森」
葉真中顕「セルロイド」
知念実希人「レフトハンド・ブラザーフッド」
深緑野分「スタッフロール」
夢枕獏「ダライ・ラマの密使」
◆連載終了◆
柴田よしき「高原カフェ日誌2」
中路啓太「ゴー・ホーム・クイックリー」
谷瑞恵「まよなかの青空」
◆エッセイ・フォトエッセイ◆
北尾トロ「今晩泊めてくれないか――東京ヤドカリ漂流記」
武田花「ポップス大作戦」

別冊文藝春秋(通巻335号/2018年5月号)

今号は新連載が一作。藤沢周さんの「あじゃりあじゃらか」は人間の奥底に眠っている欲望のあり様を問う、鮮烈なる官能の物語。奥多摩の谷戸にある寺院に雇われ、平凡な日々を過ごしていた寺男が境内で出会った謎の美女の知られざる秘密とは―。短篇には篠原勝之さんの「戯れの魔王」。舞踏の親玉マロに誘われて、いきなり踊りの舞台に出演することになった後期高齢者であるオレのとびきり愉快な彷徨。『骨風』で泉鏡花文学賞を受賞した鉄のゲージツ家・クマさんの待望の最新作です。伊吹有喜さん、倉知淳さん、小林泰三さんの連載は今号で終了です。

【今号の目次】
◆新連載◆
藤沢周「あじゃりあじゃらか」
◆短篇◆
篠原勝之「戯れの魔王」
◆連載小説◆
門井慶喜「空を拓く」
中島京子「夢見る帝国図書館」
青山文平「跳ぶ男」
千早茜「神様の暇つぶし」
本城雅人「崩壊の森」
葉真中顕「セルロイド」
中路啓太「ゴー・ホーム・クイックリー」
知念実希人「レフトハンド・ブラザーフッド」
深緑野分「スタッフロール」
谷瑞恵「まよなかの青空」
柴田よしき「高原カフェ日誌2」
夢枕獏「ダライ・ラマの密使」
◆連載終了◆
伊吹有喜「ホームスパン」
倉知淳「ドッペルゲンガーの銃」
小林泰三「代表取締役アイドル」
◆エッセイ・フォトエッセイ◆
北尾トロ「今晩泊めてくれないか――東京ヤドカリ漂流記」
武田花「ポップス大作戦」
◆漫画◆
久世番子「よちよち文藝部」

別冊文藝春秋(通巻334号/2018年3月号)

本誌で「空を拓く」を連載中の門井慶喜さんが、「銀河鉄道の父」で第一五八回直木三十五賞を受賞しました。「空を拓く」は、東京駅や日本銀行本店の設計を手掛けたことでも知られる建築家・辰野金吾の人生を通して、近代都市誕生のロマンに迫る物語。新直木賞作家の最新作にご注目下さい。三崎亜記さん、畑野智美さんの連載は今号で終了。夢枕獏さんは休載です。

【今号の目次】

◆連載小説◆
門井慶喜「空を拓く」
中島京子「夢見る帝国図書館」
青山文平「跳ぶ男」
千早茜「神様の暇つぶし」
本城雅人「崩壊の森」
葉真中顕「セルロイド」
中路啓太「ゴー・ホーム・クイックリー」
知念実希人「レフトハンド・ブラザーフッド」
伊吹有喜「ホームスパン」
倉知淳「ドッペルゲンガーの銃 二つの地点で同時に事件を起こす分身した殺人者について」
深緑野分「スタッフロール」
谷瑞恵「まよなかの青空」
小林泰三「代表取締役アイドル」
柴田よしき「高原カフェ日誌2」

◆連載終了◆
三崎亜記「30センチの冒険」
畑野智美「神さまを待っている」

◆エッセイ・フォトエッセイ◆
北尾トロ「今晩泊めてくれないか――東京ヤドカリ漂流記」
武田花「ポップス大作戦」

「別冊文藝春秋(文春e-book)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 雑誌 シリーズ予約
ページ数
674ページ (別冊文藝春秋 電子版20号)
配信開始日
2018年6月20日 (別冊文藝春秋 電子版20号)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad