電子書籍 日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史 実用

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史 あらすじ・内容

古来より日本では様々な拷問が行われてきた。斬首刑、釜茹で、火炙り、獄門など、よく知られたものから、釣責め、三段切り、瓢箪責め、塩責め、海老責めなど、にわかには想像しがたい処刑も数多く存在した。果たして、どの時代から、どのような罪に対して、かくも過酷な拷問が行われてきたのだろうか…?その歴史を明らかにしつつ、実際に行われていた過酷な拷問・処刑の数々を徹底解説!

この作品を共有

「日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史」最新刊

古来より日本では様々な拷問が行われてきた。斬首刑、釜茹で、火炙り、獄門など、よく知られたものから、釣責め、三段切り、瓢箪責め、塩責め、海老責めなど、にわかには想像しがたい処刑も数多く存在した。果たして、どの時代から、どのような罪に対して、かくも過酷な拷問が行われてきたのだろうか…?その歴史を明らかにしつつ、実際に行われていた過酷な拷問・処刑の数々を徹底解説!

「日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史」の作品情報

レーベル
――
出版社
彩図社
ジャンル
実用 文化 歴史
ページ数
340ページ (日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史)
配信開始日
2016年3月18日 (日本で本当に行われていた 恐るべき拷問と処刑の歴史)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad