電子書籍 対談!(プレジデント社) 実用

著: 三宅義和 

まずは、無料で試し読み

試し読み

22ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

対談!日本の英語教育が変わる日 あらすじ・内容

「プレジデント オンライン」好評連載を単行本化
大学入試が変わると日本の教育が激変する!

日本人の「英語学習熱」はかつてないほどの高まりをみせている。
企業の「英語の公用語化」「英語力による昇進昇格要件化」、小中高の英語教育改革、 大学入試の大改革。
さらにインバウンド激増、2020年の「東京オリンピック」と、まさに1億総英語社会へ突き進んでいく。

あなたは何のために英語を学ぶのか

【著者紹介】
三宅義和(みやけ・よしかず)
株式会社イーオン 代表取締役
1951年、岡山県生まれ。大阪大学法学部卒業。85年イーオン入社。人事、社員研修、企業研修などに携わる。
その後、教育企画部長、総務部長、イーオン・イースト・ジャパン社長を経て、2014年イーオン社長就任。
一般社団法人 全国外国語教育振興協会元理事、NPO小学校英語指導者認定協議会理事。
趣味は、読書、英語音読、ピアノ、合気道。

【目次より】
第1章◆人事部が語った楽天「英語公用語化」の舞台裏
/葛城 崇(楽天グローバル人事部副部長)

第2章◆外国人観光客が日本を大好きになる「おもてなし」
/川本佐奈恵(TOKYO FREE GUIDE理事長)

第3章◆「The Japan Times」が日本のことを海外に伝える理由
/大門小百合(ジャパンタイムス執行役員 編集担当)

第4章◆「英語落語」が教える“日本人の英語”の問題点
/桂かい枝(落語家)

第5章◆なぜ北海道帯広の英語学校に1000人の生徒が集まったのか
/浦島 久(ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長)

第6章◆受験者262万人!なぜTOEICは日本でこれだけ広まったのか?
/千田潤一(アイ・シー・シー代表)

第7章◆大学入試が変わると本当に日本の教育は変わるのか
/鈴木 寛(文部科学大臣補佐官)
第8章◆大学入試で続々採用!「TEAP」はどんな試験なのか
/本間 充(日本英語検定協会制作部・英語教育研究センター部長)

第9章◆なぜ東京都が「語学ボランティア」を育成するのか
/桜林正巳(全国外国語教育振興協会事務局長)

第10章◆なぜ日本の教育だけではグローバルで活躍できないのか
/福原正大(igs代表)

第11章◆「ふくしまキッズ」を5年間で終了した理由
/吉田博彦(教育支援協会代表理事)

この作品を共有

「対談!(プレジデント社)」最新刊

【内容紹介】
鈴木亮平(俳優)、三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)、茂木健一郎(脳科学者)ら、各界のプロ8人が語る一流の英語の学び方と、グローバルに活躍するためのヒント!

英会話スクール・イーオンの社長が、各界の著名人と英語学習について語り合う対談シリーズ第4弾!
本格的なグローバル化時代の到来、およびAI(人工知能)をはじめとするテクノロジーの発達を迎え、英語を学ぶ意義、効果的な学習法、英語をどのように活かすのかなどについて、具体的に提言します。

【著者紹介】
[著]三宅義和(みやけ・よしかず)
株式会社イーオン 代表取締役社長
1951年岡山県生まれ。大阪大学法学部卒業。
85年イーオン入社。人事、社員研修、企業研修などに携わる。その後、教育企画部長、総務部長、イーオン・イースト・ジャパン社長を経て、2014年イーオン社長就任。一般社団法人全国外国語教育振興協会元理事、NPO小学校英語指導者認定協議会理事。趣味は、読書、英語音読、ピアノ、心身統一合氣道。

【目次抜粋】
第1章 AI時代でも、英語学習が絶対に必要な理由
茂木健一郎 脳科学者
第2章 英語学習は、必ず明るい未来につながる
三田友梨佳 フジテレビアナウンサー
第3章 英語そのものを目的とせず、目標を捉えるための手段と考える
鈴木亮平 俳優
第4章 メジャーでのプレーで実感した、積極的に話しかけることの大切さ
青木宣親 プロ野球選手
第5章 異文化のなかで存在感を出すには、日本の2倍以上の量を話す
山崎直子 宇宙飛行士
第6章 メールへの即レスを続ければ、英語の思考回路ができあがる
西成活裕 数理物理学者/東京大学先端科学技術研究センター教授
第7章 英語での自己紹介を極めれば、会話力は劇的にアップする
西内啓 統計家/データビークル代表取締役CPO
第8章 発音を気にするよりも、文法を押さえたほうが上達は早い
鳥飼玖美子 立教大学名誉教授

「対談!(プレジデント社)」作品一覧

(4冊)

各1,100(税込)

まとめてカート

「プレジデント オンライン」好評連載を単行本化
大学入試が変わると日本の教育が激変する!

日本人の「英語学習熱」はかつてないほどの高まりをみせている。
企業の「英語の公用語化」「英語力による昇進昇格要件化」、小中高の英語教育改革、 大学入試の大改革。
さらにインバウンド激増、2020年の「東京オリンピック」と、まさに1億総英語社会へ突き進んでいく。

あなたは何のために英語を学ぶのか

【著者紹介】
三宅義和(みやけ・よしかず)
株式会社イーオン 代表取締役
1951年、岡山県生まれ。大阪大学法学部卒業。85年イーオン入社。人事、社員研修、企業研修などに携わる。
その後、教育企画部長、総務部長、イーオン・イースト・ジャパン社長を経て、2014年イーオン社長就任。
一般社団法人 全国外国語教育振興協会元理事、NPO小学校英語指導者認定協議会理事。
趣味は、読書、英語音読、ピアノ、合気道。

【目次より】
第1章◆人事部が語った楽天「英語公用語化」の舞台裏
/葛城 崇(楽天グローバル人事部副部長)

第2章◆外国人観光客が日本を大好きになる「おもてなし」
/川本佐奈恵(TOKYO FREE GUIDE理事長)

第3章◆「The Japan Times」が日本のことを海外に伝える理由
/大門小百合(ジャパンタイムス執行役員 編集担当)

第4章◆「英語落語」が教える“日本人の英語”の問題点
/桂かい枝(落語家)

第5章◆なぜ北海道帯広の英語学校に1000人の生徒が集まったのか
/浦島 久(ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長)

第6章◆受験者262万人!なぜTOEICは日本でこれだけ広まったのか?
/千田潤一(アイ・シー・シー代表)

第7章◆大学入試が変わると本当に日本の教育は変わるのか
/鈴木 寛(文部科学大臣補佐官)
第8章◆大学入試で続々採用!「TEAP」はどんな試験なのか
/本間 充(日本英語検定協会制作部・英語教育研究センター部長)

第9章◆なぜ東京都が「語学ボランティア」を育成するのか
/桜林正巳(全国外国語教育振興協会事務局長)

第10章◆なぜ日本の教育だけではグローバルで活躍できないのか
/福原正大(igs代表)

第11章◆「ふくしまキッズ」を5年間で終了した理由
/吉田博彦(教育支援協会代表理事)

「あなたは何のために英語を学ぶのか」と尋ねられたときに、大きな夢の実現を語ることができますか?

英語教育やグローバル人材についてイーオン社長と各界著名人が対談する、プレジデントオンラインの好評連載単行本化第2弾!

【著者紹介】
三宅義和(みやけ・よしかず)
株式会社イーオン代表取締役社長
1951年、岡山県生まれ。大阪大学法学部卒業。
85年イーオン入社。人事、社員研修、企業研修などに携わる。
その後、教育企画部長、総務部長、イーオン・イースト・ジャパン社長を経て、2014年イーオン社長就任。
一般社団法人 全国外国語教育振興協会元理事、NPO小学校英語指導者認定協議会理事。
趣味は、読書、英語音読、ピアノ、心身統一合氣道。

【目次より】
◆はじめに
◆第1章 ドコモ「gacco」は日本の教育をどこまで変えるのか  伊能美和子 ドコモgacco社長
◆第2章 TOEIC(R) Listening & Reading Test 出題形式変更! どう変わったか?  山下雄士 一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会常務理事
◆第3章 2020年「学習指導要領」改訂で英語教育はどう変わるのか  向後秀明 文部科学省教科調査官
◆第4章 これからの大学の教育と人材育成が大事になってくる  大六野耕作 明治大学副学長
◆第5章 入試が大学のグローバル化の足を引っ張っている  安河内哲也 東進ハイスクール講師
◆第6章 日本人は失敗を恐れず、英語を堂々と話せばいい  横山美里 ピアニスト
◆第7章 子どもの「語彙力格差」は母親との会話に原因があった  佐藤久美子 玉川大学大学院教授
◆第8章 「自分の興味」から英語に接すれば学習は長続きする  松本茂 立教大学教授
◆第9章 合氣道をなぜ世界のアスリートが学ぶのか  藤平信一 心身統一合氣道会会長
◆第10章 音読が9割! 同時通訳の醍醐味はここにある  横山カズ 同時通訳者
◆第11章 グローバルを生き抜く「ライフスキルと英語スキル」  辻秀一 スポーツドクター

【内容紹介】
「あなたは何のために英語を学ぶのか」と尋ねられた時に、大きな夢の実現を語ることができるでしょうか?
英語は、世界中の人たちとコミュニケーションをとるために不可欠のツールです。
そのシチュエーションは人によって違っていても、お互いに認め合い、尊重しあうために言葉はあります。
さあ、一緒に英語について考えてみましょう。

【著者紹介】
三宅義和(みやけ・よしかず)
株式会社イーオン代表取締役社長
1951年、岡山県生まれ。大阪大学法学部卒業。
85年イーオン入社。人事、社員研修、企業研修などに携わる。その後、教育企画部長、総務部長、イーオン・イースト・ジャパン社長を経て、2014年イーオン社長就任。
一般社団法人全国外国語教育振興協会元理事、NPO小学校英語指導者認定協議会理事。
趣味は、読書、英語音読、ピアノ、心身統一合氣道。【目次より】
第1章
「通じる英語」の基準はどこにあるか?
第2章
横浜市に「来てよかった」と感じるおもてなし
第3章
「大学入試センター試験」を廃止する必要はあるか
第4章
中学英語でボランティアガイドはできる
第5章
言いづらい本音「英字新聞は全部読むな」
第6章
英語教師が週末に「学び直し」をする理由
第7章
なぜ「ゲーム」が日本の教育を変えるのか
第8章
五輪ボランティアが世界中から集まる理由
第9章
30年続くNHKビジネス英語講座の学習法
第10章
「ラグビーW杯」で日本が勝つための条件
第11章
なでしこジャパンがW杯で優勝できた理由

「対談!(プレジデント社)」の作品情報

レーベル
――
出版社
プレジデント社
ジャンル
実用 英語 語学 教育
ページ数
220ページ (対談!日本の英語教育が変わる日)
配信開始日
2016年3月23日 (対談!日本の英語教育が変わる日)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad