電子書籍 バイコヌール宇宙基地の廃墟 実用

著者: ラルフ・ミレーブズ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

バイコヌール宇宙基地の廃墟 あらすじ・内容

世界初!ソ連版スペースシャトル宇宙船&ロケットの廃墟写真集

世界初!ソ連版スペースシャトル宇宙船&ロケットの廃墟写真集
アメリカでスペースシャトルが終了した現在、国際宇宙ステーションへは、ロシアのバイコヌール宇宙基地(場所はカザフスタン)から打ち上げられたソユーズで行き来しています。その華やかなソユーズ発射台のすぐ近くに、人々から忘れられ完全に放置された整備棟が2つ。中には旧ソ連が開発していた再利用型の往復宇宙船「ブラン」とそのテスト機、そしてロケットの「エネルギア-M」が、ソ連崩壊から25年もの間、人知れず眠っていました…。

この作品を共有

「バイコヌール宇宙基地の廃墟」最新刊

世界初!ソ連版スペースシャトル宇宙船&ロケットの廃墟写真集
アメリカでスペースシャトルが終了した現在、国際宇宙ステーションへは、ロシアのバイコヌール宇宙基地(場所はカザフスタン)から打ち上げられたソユーズで行き来しています。その華やかなソユーズ発射台のすぐ近くに、人々から忘れられ完全に放置された整備棟が2つ。中には旧ソ連が開発していた再利用型の往復宇宙船「ブラン」とそのテスト機、そしてロケットの「エネルギア-M」が、ソ連崩壊から25年もの間、人知れず眠っていました…。

「バイコヌール宇宙基地の廃墟」の作品情報

レーベル
――
出版社
三才ブックス
ジャンル
実用
ページ数
116ページ (バイコヌール宇宙基地の廃墟)
配信開始日
2016年3月25日 (バイコヌール宇宙基地の廃墟)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad