電子書籍 宇宙軍士官学校(ハヤカワ文庫JA) 文芸・小説

著: 鷹見一幸 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

26ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

宇宙軍士官学校―前哨―3 あらすじ・内容

世界各地で、一次心理試験を突破した子供たちが、練習生となるべく、行動的適性を調べる二次試験に挑んでいた。だがその試験は、筆記や口頭審問ではなく、なんと仮想現実空間内での一種のゲームだった!一方、一週間の休暇を終えた恵一ら教官候補生40名を乗せた練習戦艦アルケミスは、補給工作艦エデンから出航し、訓練空域である太陽系外縁部へと向かう。どんな熾烈な戦闘状況になろうと、絶対に負けない! そう心にきめて。

この作品を共有

「宇宙軍士官学校(ハヤカワ文庫JA)」作品一覧

(18冊)

594〜726(税込)

まとめてカート

世界各地で、スペースコロニー建設のための礎となる完全環境都市や、防衛の要である宇宙基地が急ピッチで建造されるなか、教育コロニー・アルケミスに設置された士官学校でも、有坂恵一をはじめとする教官の指導のもと、練習生が厳しい訓練を続けていた。ドローンを相手にした各個人の機動戦闘艇訓練、練習生総当たり戦、教場単位の集団戦闘訓練…そんなさなか、“教導者”は突然、訓練を前倒しにすると発表するが!?

太陽系全域に警報が鳴り響いた。「粛清者襲来!」ただちに連邦宇宙軍は迎撃部隊を派遣する。だが、アイロスの予想に反し、粛清者は強大な攻撃力を秘めた二機で一組の強行偵察型探査機を送りこんできたのだ! 迎撃に向かった哨戒艇二隻はあっけなく撃破され、戦艦を含む即応艦隊が新たに派遣されたのだが……!?/掲出の書影は底本のものです

地球防衛のための援助を得るため、ケイローンの首都惑星シュリシュクに到着した恵一たちを待っていたのは、“魂の試練”だった。同様の要請を携えこの星を訪れている他の28種族との3回の戦いの結果で、支援の優先順位が決まる! 最初の戦いはドローンを相手に戦う団体白兵戦。2回めは、選抜された兵士による機動戦闘艇を使った格闘戦(ドッグファイト)。3回めが、艦隊同士の機動戦であった。果たして恵一たちは、この試練に勝ち残れるか!?