電子書籍 宇宙軍士官学校(ハヤカワ文庫JA) 文芸・小説

著: 鷹見一幸 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

26ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

宇宙軍士官学校―前哨―3 あらすじ・内容

世界各地で、一次心理試験を突破した子供たちが、練習生となるべく、行動的適性を調べる二次試験に挑んでいた。だがその試験は、筆記や口頭審問ではなく、なんと仮想現実空間内での一種のゲームだった!一方、一週間の休暇を終えた恵一ら教官候補生40名を乗せた練習戦艦アルケミスは、補給工作艦エデンから出航し、訓練空域である太陽系外縁部へと向かう。どんな熾烈な戦闘状況になろうと、絶対に負けない! そう心にきめて。

この作品を共有

「宇宙軍士官学校(ハヤカワ文庫JA)」作品一覧

(18冊)

594〜726(税込)

まとめてカート

任務遂行中の抗命行為の容疑のため「少将心得」に降格された恵一は、ロボと共に地球へと向かう。復興作業が軌道に乗り始めた地球の地表に降りた恵一の前には、藻類によって色が変わった海と地衣類の繁茂する泥の大地が広がっていた。そのころケイローンでは、第二次長距離偵察作戦が実施されようとしていた……

惑星G三三六七九に降下したオルガたち機動戦闘服部隊は、原住種族と戦闘状態に入る! はたして無事に救難者たちを収容できるか?

アンドロメダ星雲での救出活動を終えて、恵一がシェイヨルに帰還したころ、シュリシュクでは途上種族に対する評価試験が実施されていた。地球の士官学校生艦隊もその試験に参加しており、ウィリアム率いる地球軍は、これまでに六回戦い、五勝一敗。その一敗も時間切れによるもので、ほぼ引き分けと評価されていた。恵一は、地球からやってきたリー士官学校長やバーツ総司令官とともに、その最終ステージを観戦するが……