電子書籍 黄文雄の近現代史集中講座 実用

著者: 黄文雄 

まずは、無料で試し読み

試し読み

17ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

黄文雄の近現代史集中講座 台湾・朝鮮・満州編 あらすじ・内容

破産状態の国家を近代化して蘇らせた資本投下。荒廃した土地を復活させた緑化政策。風土病を激減させた上下水道・衛生環境の整備、身分差別の旧弊を廃止した開放政策、法治社会の整備……。台湾・朝鮮・満州に近代化と安定をもたらした日本の外地経営の真実を詳説する決定版!

この作品を共有

「黄文雄の近現代史集中講座」最新刊

明治維新からわずか40年で「一等国」へ。いまなお世界が瞠目する歴史の奇跡とは―いまこそ日本人は大日本帝国の精神に学べ!「近現代史集中講座」シリーズ全三巻、ついに完結。

「黄文雄の近現代史集中講座」作品一覧

(3冊)

各1,280円 (+税)

まとめてカート

破産状態の国家を近代化して蘇らせた資本投下。荒廃した土地を復活させた緑化政策。風土病を激減させた上下水道・衛生環境の整備、身分差別の旧弊を廃止した開放政策、法治社会の整備……。台湾・朝鮮・満州に近代化と安定をもたらした日本の外地経営の真実を詳説する決定版!

明治維新後、近代化に邁進する日本は、なぜ大国との戦争を経験しなくてはならなかったのか? 中国や韓国では日本のすべての対外戦争は「侵略」とされ、「坂の上の雲」でも語られる日清・日露戦争までもが非難の対象となっている。だが、日清戦争は「日本に学べ」ブームを巻き起こして辛亥革命の契機ともなった。また、日露戦争は歴史家トインビーに「白人世界の終焉」と言わしめ、日中・日米戦争はインド独立やタイ独立などの契機となり、ククリット・タイ元首相からも「日本というお母さんは母体を損ねたが、アジアの国はみんな独立できた」と感謝されるなど、歴史的貢献を評価する声も少なくない。日清~日米戦争まで、日本が通らなくてはならなかった近代戦争の歴史的背景、これらを通して日本が世界史的に成し遂げた意義を検討する近現代史集中講座、第二弾!

明治維新からわずか40年で「一等国」へ。いまなお世界が瞠目する歴史の奇跡とは―いまこそ日本人は大日本帝国の精神に学べ!「近現代史集中講座」シリーズ全三巻、ついに完結。

「黄文雄の近現代史集中講座」の作品情報

レーベル
――
出版社
徳間書店
ジャンル
実用 学問
ページ数
299ページ (黄文雄の近現代史集中講座 台湾・朝鮮・満州編)
配信開始日
2016年4月1日 (黄文雄の近現代史集中講座 台湾・朝鮮・満州編)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad