電子書籍 ナプキン・ノート Napkin Notes 文芸・小説

著: ガース・キャラハン  訳者: 小林玲子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ナプキン・ノート Napkin Notes あらすじ・内容

もしも突然、わずか数年の余命宣告を受けたら、
残された時間、あなたは家族のために何をしますか ――?
妻リッサと愛娘エマと暮らすガースは、毎朝娘のお弁当を作るイクメンパパ。
お弁当の袋に、「その日のひと言」を書いた紙ナプキンを忍ばせてエマを送り出すのが日課だ。
だが、エマが12歳になった年、ガースに腎臓がんが見つかる。翌年には前立腺がん。さらに腎臓がんも再発……。そしてついに医師より余命宣告を受ける。
彼がエマの高校の卒業式を見届けられる確立は、わずか8%。
この命が尽きるまでに、彼女に伝えたいことをすべて伝えることができないかもしれない……。
ガースは決意する。たとえ自分に何があったとしても、エマが高校を卒業するまで「1日1枚」、
彼からのメッセージを受け取れるようにしておこう、と。
余命宣告を受けた父が紡ぐ、愛する娘へのメッセージ

この作品を共有

「ナプキン・ノート Napkin Notes」最新刊

もしも突然、わずか数年の余命宣告を受けたら、
残された時間、あなたは家族のために何をしますか ――?
妻リッサと愛娘エマと暮らすガースは、毎朝娘のお弁当を作るイクメンパパ。
お弁当の袋に、「その日のひと言」を書いた紙ナプキンを忍ばせてエマを送り出すのが日課だ。
だが、エマが12歳になった年、ガースに腎臓がんが見つかる。翌年には前立腺がん。さらに腎臓がんも再発……。そしてついに医師より余命宣告を受ける。
彼がエマの高校の卒業式を見届けられる確立は、わずか8%。
この命が尽きるまでに、彼女に伝えたいことをすべて伝えることができないかもしれない……。
ガースは決意する。たとえ自分に何があったとしても、エマが高校を卒業するまで「1日1枚」、
彼からのメッセージを受け取れるようにしておこう、と。
余命宣告を受けた父が紡ぐ、愛する娘へのメッセージ

「ナプキン・ノート Napkin Notes」の作品情報

レーベル
――
出版社
辰巳出版
ジャンル
文芸・小説 海外文学
ページ数
208ページ (ナプキン・ノート Napkin Notes)
配信開始日
2016年4月15日 (ナプキン・ノート Napkin Notes)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad