電子書籍 スポットライト 世紀のスクープ カトリック教会の大罪 実用

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

スポットライト 世紀のスクープ カトリック教会の大罪 あらすじ・内容

被害者の心の叫びを世に知らしめるため――
ただ真実のために――教会の闇を暴くんだ
ボストン・グローブ紙の記者たちが、巨大権力=〈カトリック教会〉の“大罪”を暴いた衝撃の実話!
世界中を揺るがせた世紀のスクープ!

2003年ピューリッツァー賞〈公益部門〉受賞!

本年度アカデミー賞 作品賞・脚本賞 W受賞! !
本年度アカデミー賞主要6部門ノミネート!
〈作品賞/監督賞/助演男優賞/助演女優賞/脚本賞/編集賞〉
映画『スポットライト 世紀のスクープ』
2016年4月15日(金) TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開

本書は、『ボストン・グローブ』紙の〈スポットライト〉チームが調べあげた情報――何十年も隠されてきた痛ましい事実と、司祭や弁護士、被害者たちの、さらに痛々しい物語で埋め尽くされている。それらがより合わさって、より大きな腐敗と隠蔽の物語が紡がれていく。ことの発端は、ニューイングランド地方きっての権力組織であるボストン大司教区の中核で起きたスキャンダルだった。この調査報道が引き金となり、アメリカ全土、そして世界中の多くの都市で同様の調査がはじまり、聖職者による性的虐待とその継続を許した組織ぐるみの隠蔽という、より大きな問題が明らかにされた。未だに懸案の問題だ。
本書にまとめられたルポルタージュは、まさしく世界を震撼させた。その深い意義につけ加えるべきことは、何もない。
――『スポットライト 世紀のスクープ』トム・マッカーシー[監督]&ジョッシュ・シンガー[脚本]

◎2002年1月、アメリカ東部の新聞「ボストン・グローブ」の一面に全米を震撼させる記事が掲載された。地元ボストンの数十人もの神父による児童への性的虐待を、カトリック教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。 ◎1,000人以上が被害を受けたとされるその許されざる罪は、なぜ長年にわたって黙殺されてきたのか……。
◎2003年ピューリッツァー賞〈公益部門〉に輝いた、ボストン・グローブ紙《スポットライト》チームによる衝撃のノンフィクション!
〈目次〉
本書に寄せて
『スポットライト 世紀のスクープ』トム・マッカーシー[監督・脚本]と脚本ジョシュ・シンガー[脚本]による声明文
序 文
第一章 ゲーガン神父の笑顔の裏側
第二章 隠蔽の循環構造
第三章 国中にはびこる虐待者たち
第四章 罪悪感に苛まれる被害者たち
第五章 全世界に波及するボストン・スキャンダル
第六章 失墜――教会に背を向ける人々
第七章 法律を超越した枢機卿
第八章 セックスと嘘と教会
第九章 変革の苦しみ
二〇一五年版へのあとがき

この作品を共有

「スポットライト 世紀のスクープ カトリック教会の大罪」最新刊

被害者の心の叫びを世に知らしめるため――
ただ真実のために――教会の闇を暴くんだ
ボストン・グローブ紙の記者たちが、巨大権力=〈カトリック教会〉の“大罪”を暴いた衝撃の実話!
世界中を揺るがせた世紀のスクープ!

2003年ピューリッツァー賞〈公益部門〉受賞!

本年度アカデミー賞 作品賞・脚本賞 W受賞! !
本年度アカデミー賞主要6部門ノミネート!
〈作品賞/監督賞/助演男優賞/助演女優賞/脚本賞/編集賞〉
映画『スポットライト 世紀のスクープ』
2016年4月15日(金) TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開

本書は、『ボストン・グローブ』紙の〈スポットライト〉チームが調べあげた情報――何十年も隠されてきた痛ましい事実と、司祭や弁護士、被害者たちの、さらに痛々しい物語で埋め尽くされている。それらがより合わさって、より大きな腐敗と隠蔽の物語が紡がれていく。ことの発端は、ニューイングランド地方きっての権力組織であるボストン大司教区の中核で起きたスキャンダルだった。この調査報道が引き金となり、アメリカ全土、そして世界中の多くの都市で同様の調査がはじまり、聖職者による性的虐待とその継続を許した組織ぐるみの隠蔽という、より大きな問題が明らかにされた。未だに懸案の問題だ。
本書にまとめられたルポルタージュは、まさしく世界を震撼させた。その深い意義につけ加えるべきことは、何もない。
――『スポットライト 世紀のスクープ』トム・マッカーシー[監督]&ジョッシュ・シンガー[脚本]

◎2002年1月、アメリカ東部の新聞「ボストン・グローブ」の一面に全米を震撼させる記事が掲載された。地元ボストンの数十人もの神父による児童への性的虐待を、カトリック教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。 ◎1,000人以上が被害を受けたとされるその許されざる罪は、なぜ長年にわたって黙殺されてきたのか……。
◎2003年ピューリッツァー賞〈公益部門〉に輝いた、ボストン・グローブ紙《スポットライト》チームによる衝撃のノンフィクション!
〈目次〉
本書に寄せて
『スポットライト 世紀のスクープ』トム・マッカーシー[監督・脚本]と脚本ジョシュ・シンガー[脚本]による声明文
序 文
第一章 ゲーガン神父の笑顔の裏側
第二章 隠蔽の循環構造
第三章 国中にはびこる虐待者たち
第四章 罪悪感に苛まれる被害者たち
第五章 全世界に波及するボストン・スキャンダル
第六章 失墜――教会に背を向ける人々
第七章 法律を超越した枢機卿
第八章 セックスと嘘と教会
第九章 変革の苦しみ
二〇一五年版へのあとがき

「スポットライト 世紀のスクープ カトリック教会の大罪」の作品情報

レーベル
――
出版社
竹書房
ジャンル
実用 ノンフィクション 海外文学
ページ数
389ページ (スポットライト 世紀のスクープ カトリック教会の大罪)
配信開始日
2016年4月8日 (スポットライト 世紀のスクープ カトリック教会の大罪)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad