電子書籍 レクサス―トヨタは世界的ブランドを打ち出せるのか 実用

著: 井元康一郎  監修: 福田俊之 

まずは、無料で試し読み

試し読み

23ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

レクサス―トヨタは世界的ブランドを打ち出せるのか あらすじ・内容

「トヨタでいちばんクルマが好きなのは社長」
自他共に認める“カーガイ”である。
トヨタの豊田章男社長が考える「レクサス」とは。

【著者紹介】
井元康一郎(いもと・こういちろう)
1967年鹿児島生まれ。立教大学卒業。イタリアの聖チェチリア音楽院中退。高校教師、オルガニスト、娯楽誌および財界誌の記者を経て独立。
自然科学、自動車、宇宙航空、電機、エネルギー、楽器、映画・音楽など幅広い分野で取材活動を行い、雑誌及びウェブ媒体に寄稿している。
自動車はメインフィールドのひとつで、自由旅行の楽しさの再発見を目指す。著書に『プリウスVSインサイト』(小学館)がある。

【目次より】
第1章◆レクサスはいかにして生まれたか
第2章◆日産、ホンダの「プレミアムブランド」
第3章◆「デザイン」革命を指揮する男
第4章◆レクサスのつくり手たち
第5章◆「プレミアムセグメント」プレーヤー
第6章◆世界ブランドを確立できるか

この作品を共有

「レクサス―トヨタは世界的ブランドを打ち出せるのか」最新刊

「トヨタでいちばんクルマが好きなのは社長」
自他共に認める“カーガイ”である。
トヨタの豊田章男社長が考える「レクサス」とは。

【著者紹介】
井元康一郎(いもと・こういちろう)
1967年鹿児島生まれ。立教大学卒業。イタリアの聖チェチリア音楽院中退。高校教師、オルガニスト、娯楽誌および財界誌の記者を経て独立。
自然科学、自動車、宇宙航空、電機、エネルギー、楽器、映画・音楽など幅広い分野で取材活動を行い、雑誌及びウェブ媒体に寄稿している。
自動車はメインフィールドのひとつで、自由旅行の楽しさの再発見を目指す。著書に『プリウスVSインサイト』(小学館)がある。

【目次より】
第1章◆レクサスはいかにして生まれたか
第2章◆日産、ホンダの「プレミアムブランド」
第3章◆「デザイン」革命を指揮する男
第4章◆レクサスのつくり手たち
第5章◆「プレミアムセグメント」プレーヤー
第6章◆世界ブランドを確立できるか

「レクサス―トヨタは世界的ブランドを打ち出せるのか」の作品情報

レーベル
――
出版社
プレジデント社
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
235ページ (レクサス―トヨタは世界的ブランドを打ち出せるのか)
配信開始日
2016年4月9日 (レクサス―トヨタは世界的ブランドを打ち出せるのか)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad