電子書籍 「鏑木特捜班」シリーズ(角川文庫) 文芸・小説

著者: 河合莞爾 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ★

まずは、無料で試し読み

試し読み

60ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

デッドマン あらすじ・内容

綾辻行人が推薦した横溝賞大賞受賞作、ついに電子化!

身体の一部が切り取られた猟奇死体が次々と発見された。鏑木率いる特別捜査班が事件を追う中、死体から蘇ったという男からメールが届く。自分を殺した犯人を突き止めるために協力したいとあり…。

この作品を共有

「「鏑木特捜班」シリーズ(角川文庫)」最新刊

東京の山間部、廃牧場のサイロで、16年前に失踪した女子大生・咲の遺体が発見される。咲は胸を鉄パイプで貫かれ空中を飛んでいるようだった。翌週には、湾岸の高層ホテル屋上で殺人事件が発生。犯人は空を飛んで逃げたかのように姿を消していた。警視庁捜査第一課の鏑木特捜班は二つの事件に公安部の影を感じ取りながらも、密かに捜査を進める。やがて咲がかつて在籍していた「タンポポの会」という環境サークルにたどり着くが――。

「「鏑木特捜班」シリーズ(角川文庫)」作品一覧

(3冊)

616〜924(税込)

まとめてカート

身体の一部が切り取られた猟奇死体が次々と発見された。鏑木率いる特別捜査班が事件を追う中、死体から蘇ったという男からメールが届く。自分を殺した犯人を突き止めるために協力したいとあり…。

多摩川の河川敷で臓器を抜き取られた猟奇死体が発見された。警視庁捜査第一課の警部補・鏑木率いる4人の特別捜査班は、現場に残されたトンボのペンダントを手掛かりに群馬県の奥地の村へ向かう。被害者は村出身の青年・遊介だと判明。やがて20年前に起きた夫婦殺害、ダム建設反対運動、巨大トンボ伝説など、事件との関連が次々と明らかになり混迷を極めていく。鏑木班は遊介の幼馴染みである泉美と建のふたりに事情を聴くが……。

東京の山間部、廃牧場のサイロで、16年前に失踪した女子大生・咲の遺体が発見される。咲は胸を鉄パイプで貫かれ空中を飛んでいるようだった。翌週には、湾岸の高層ホテル屋上で殺人事件が発生。犯人は空を飛んで逃げたかのように姿を消していた。警視庁捜査第一課の鏑木特捜班は二つの事件に公安部の影を感じ取りながらも、密かに捜査を進める。やがて咲がかつて在籍していた「タンポポの会」という環境サークルにたどり着くが――。

「「鏑木特捜班」シリーズ(角川文庫)」のおすすめコメント

デッドマン SS典子(BOOK☆WALKER スタッフ) 登録日:2015/08/28

こんな猟奇殺人みたことない!

綾辻行人氏が推薦!に惹かれて・・・。 猟奇殺人事件をワクワクして読むのもアレですが、面白かった! ゾッとする殺人の背景が知りたくて「なぜ?なぜ?」と止まらなくなります。 こんなにテンポのよい刑事ものはあったでしょうか。 ちょっと過激な表現もあるけれど、しっかり読んでほしい。 なるほど!意外!斬新!色んな驚きと爽やか(?)な読後感がいい。

「「鏑木特捜班」シリーズ(角川文庫)」の作品情報

レーベル
角川文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸・小説 日本文学 猟奇殺人 横溝正史ミステリ大賞 ミステリー・推理・サスペンス
ページ数
346ページ (デッドマン)
配信開始日
2014年8月23日 (デッドマン)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad