電子書籍 百鬼恋乱(なかよし) マンガ

完結
著: 鳥海ペドロ 
みんなの★
★ ★ ★ ★ ☆

まずは、無料で試し読み

試し読み

31ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

百鬼恋乱(1) あらすじ・内容

その日、ココが出会ったのは、あまりに美しい鬼の兄弟だった……。「人ではないもの」が見えること以外は、ごくごくフツーの女子高生・卯ノ花ココ。けれど、哀しき黒犬の妖におそわれたとき、眠っていた力が目覚めて!? 和風ファンタジーラブ新感覚、開幕!!

この作品を共有

「百鬼恋乱(なかよし)」作品一覧

(7冊)

各462(税込)

まとめてカート

鬼の花嫁の力を失ってしまったココ。フツーの同居生活を続けたいあまり、零(れお)と十(とあ)の鬼兄弟のどちらか一人を選ぶことができず、ココは自分で自分の力を封印したのだ。何も知らないココにあきれて、千年前に起きた悲劇を教えてくれた蜜(みつ)。いまココが零と十のためにできることって!?

蜜(みつ)の命が、闇に呑まれようとしていると知り、助けようとするココ。いずれ零(れお)と十(とあ)のどちらかにも訪れる哀しき宿命に慄きながらも、ココの心はすでに答えをだしていて……。一方、花嫁の力に気づいた天界からの刺客として、美少女天使ゆのんが降臨。それは、かつてない災いのはじまりだった――。鬼兄弟×超“ウブな花嫁”の美しく危険な恋!!

千年もの間、かぐやを想い続ける零(れお)のせつない恋心…。それでも鬼の花嫁として、そばにいることを決意したココ。しかし、刻々と迫りくる運命の時――。“三人”の時間は、もうあとわずかしかなくて……。