電子書籍 逸翁自叙伝 阪急創業者・小林一三の回想(講談社学術文庫) 実用

著: 小林一三 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

逸翁自叙伝 阪急創業者・小林一三の回想 あらすじ・内容

阪急電鉄の創業者、宝塚少女歌劇の生みの親として知られる小林一三。銀行を辞して妻子とともに大阪に行った彼は妻子を抱えてたちまち生活に窮してしまいます。しかし、電鉄事業に将来性を見た彼は、「箕面有馬電気軌道」なる会社の専務に就任。ここから大きく運命が拓けてきます。顧客は創造するものと考えた小林は、郊外に宅地造成、割賦分譲販売、遊園地や劇場、ターミナルデパートと次々とアイディアを繰り出していく……。

この作品を共有

「逸翁自叙伝 阪急創業者・小林一三の回想(講談社学術文庫)」最新刊

阪急電鉄の創業者、宝塚少女歌劇の生みの親として知られる小林一三。銀行を辞して妻子とともに大阪に行った彼は妻子を抱えてたちまち生活に窮してしまいます。しかし、電鉄事業に将来性を見た彼は、「箕面有馬電気軌道」なる会社の専務に就任。ここから大きく運命が拓けてきます。顧客は創造するものと考えた小林は、郊外に宅地造成、割賦分譲販売、遊園地や劇場、ターミナルデパートと次々とアイディアを繰り出していく……。

「逸翁自叙伝 阪急創業者・小林一三の回想(講談社学術文庫)」の作品情報

レーベル
講談社学術文庫
出版社
講談社
ジャンル
実用
ページ数
317ページ (逸翁自叙伝 阪急創業者・小林一三の回想)
配信開始日
2016年4月22日 (逸翁自叙伝 阪急創業者・小林一三の回想)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad