電子書籍 ヘッジファンド投資ガイドブック ―金融危機が明らかにした絶対リターン型資産運用の有効性 実用

著: 高橋誠  著: 浅岡泰史 

まずは、無料で試し読み

試し読み

24ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ヘッジファンド投資ガイドブック ―金融危機が明らかにした絶対リターン型資産運用の有効性 あらすじ・内容

1949年に誕生したヘッジファンドは、従来からの市場のインデックスに勝つことを目指すロング・オンリーの戦略に対して、市場の上げ下げにかかかわらず●「絶対リターンを獲得する」こと、および●「伝統的資産との相関が低い」ことに特徴があった。それが、2007/08年の金融危機によりヘッジファンドも甚大な影響を受けて、2008年には最大のマイナスを記録した。その後、ヘッジファンドは急回復を果たすことになったが、本書では、2007~09年の金融危機の経験を踏まえたうえで、ヘッジファンドにまつわる誤解や神話を問い直し、その本質と存在意義をあらためて問い直します。低成長時代にリターン向上を狙う、年金基金をはじめ生保や銀行など、巨大資産を運用する金融機関向けに書かれた、ヘッジファンド投資のガイドブックです。

この作品を共有

「ヘッジファンド投資ガイドブック ―金融危機が明らかにした絶対リターン型資産運用の有効性」最新刊

1949年に誕生したヘッジファンドは、従来からの市場のインデックスに勝つことを目指すロング・オンリーの戦略に対して、市場の上げ下げにかかかわらず●「絶対リターンを獲得する」こと、および●「伝統的資産との相関が低い」ことに特徴があった。それが、2007/08年の金融危機によりヘッジファンドも甚大な影響を受けて、2008年には最大のマイナスを記録した。その後、ヘッジファンドは急回復を果たすことになったが、本書では、2007~09年の金融危機の経験を踏まえたうえで、ヘッジファンドにまつわる誤解や神話を問い直し、その本質と存在意義をあらためて問い直します。低成長時代にリターン向上を狙う、年金基金をはじめ生保や銀行など、巨大資産を運用する金融機関向けに書かれた、ヘッジファンド投資のガイドブックです。

「ヘッジファンド投資ガイドブック ―金融危機が明らかにした絶対リターン型資産運用の有効性」の作品情報

レーベル
――
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
実用 金融 投資・マネー 学問
ページ数
449ページ (ヘッジファンド投資ガイドブック ―金融危機が明らかにした絶対リターン型資産運用の有効性)
配信開始日
2013年10月21日 (ヘッジファンド投資ガイドブック ―金融危機が明らかにした絶対リターン型資産運用の有効性)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad