電子書籍 小泉改革の政治学―小泉純一郎は本当に「強い首相」だったのか 実用

著: 上川龍之進 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

小泉改革の政治学―小泉純一郎は本当に「強い首相」だったのか あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。小泉政権では、官邸主導で経済政策が決められた、という通説がある。本書では、不良債権処理、予算編成、税制改正の政策決定過程を分析し、この通説を批判的に検討するとともに、小泉・竹中両氏が、自らの理念に沿った経済政策をどの程度実現しえたかを検証する研究書。【主な内容】第1章 小泉改革は揺らぐことなく進んだのか――構造改革と官邸主導の政策決定第2章 不良債権問題はいかにして解決されたのか――金融行政の政治学(1)政策過程第3章 不良債権問題はいかにして解決されたのか――金融行政の政治学(2)分析第4章 官邸主導の予算編成はどこまで実現したのか――予算編成の政治学第5章 経済財諮問会議はなぜ税制改革に失敗したのか――税制改正の政治学など。

この作品を共有

「小泉改革の政治学―小泉純一郎は本当に「強い首相」だったのか」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。小泉政権では、官邸主導で経済政策が決められた、という通説がある。本書では、不良債権処理、予算編成、税制改正の政策決定過程を分析し、この通説を批判的に検討するとともに、小泉・竹中両氏が、自らの理念に沿った経済政策をどの程度実現しえたかを検証する研究書。【主な内容】第1章 小泉改革は揺らぐことなく進んだのか――構造改革と官邸主導の政策決定第2章 不良債権問題はいかにして解決されたのか――金融行政の政治学(1)政策過程第3章 不良債権問題はいかにして解決されたのか――金融行政の政治学(2)分析第4章 官邸主導の予算編成はどこまで実現したのか――予算編成の政治学第5章 経済財諮問会議はなぜ税制改革に失敗したのか――税制改正の政治学など。

「小泉改革の政治学―小泉純一郎は本当に「強い首相」だったのか」の作品情報

レーベル
――
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
実用 政治 経済 社会
ページ数
377ページ (小泉改革の政治学―小泉純一郎は本当に「強い首相」だったのか)
配信開始日
2013年12月6日 (小泉改革の政治学―小泉純一郎は本当に「強い首相」だったのか)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad