電子書籍 超金融緩和のジレンマ 実用

著: 梅田雅信 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

超金融緩和のジレンマ あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。史上類のない世界同時緩和に潜むリスクとは?日本銀行(BOJ)、FRB、ECB,BOEがこれまでとってきた金融緩和策を比較し、史上類のない世界同時緩和の実情を明らかにする。●各種のレポートや中央銀行総裁の発言などから、世界の議論の潮流を読む超金融緩和の副作用を指摘したレポートや、中央銀行関係者の証言なども多数紹介しながら、金融緩和のリスクを整理する。●これからの金融政策のあり方を示唆する日本のデフレの真因は賃金水準の低下と交易条件の悪化にある。デフレ脱却には、金融政策だけでなく産業のダイナミズムを取り戻す取り組みも重要。日本銀行が今後採りうる政策も提示する。

この作品を共有

「超金融緩和のジレンマ」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。史上類のない世界同時緩和に潜むリスクとは?日本銀行(BOJ)、FRB、ECB,BOEがこれまでとってきた金融緩和策を比較し、史上類のない世界同時緩和の実情を明らかにする。●各種のレポートや中央銀行総裁の発言などから、世界の議論の潮流を読む超金融緩和の副作用を指摘したレポートや、中央銀行関係者の証言なども多数紹介しながら、金融緩和のリスクを整理する。●これからの金融政策のあり方を示唆する日本のデフレの真因は賃金水準の低下と交易条件の悪化にある。デフレ脱却には、金融政策だけでなく産業のダイナミズムを取り戻す取り組みも重要。日本銀行が今後採りうる政策も提示する。

「超金融緩和のジレンマ」の作品情報

レーベル
――
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
実用 経済 金融 学問
ページ数
251ページ (超金融緩和のジレンマ)
配信開始日
2013年11月22日 (超金融緩和のジレンマ)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad