電子書籍 「絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで」シリーズ(オーバーラップ文庫) ラノベ

著者: 鬼影スパナ  イラスト: よう太 
みんなの★
4.7

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 1 あらすじ・内容

働きたくない主人公が本気を出すとき、奇跡が起こる―――!!

「ほら、さっさと山賊どもを皆殺しにしなさいよ!」「いやだ、働きたくない……」
日々をダラダラ過ごすのが趣味の俺、増田桂馬は異世界に召喚された先で金髪美少女のロクコと出会った。どうやら俺はダンジョンマスターとなり“働かなくてもいい”優雅な生活を手に入れることができたらしい。だが、三度の飯より寝ることが好きな俺にロクコが言い放った言葉は──
「私のダンジョンを救って。ちなみにダンジョンコアを破壊されたら、マスターであるあなたも一蓮托生で死ぬから」
ダンジョンの部屋は一つ。さらに山賊によって制圧済み。どう考えても“詰み”の状態だろ、これ。仕方ない“働かない”ためにこの絶望的な状況をどうにかするか!!

この作品を共有

「「絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで」シリーズ(オーバーラップ文庫)」最新刊

“働かない生活”を目指すダンジョンマスターの俺、増田桂馬。ようやく魔国への留学(ほぼ奴隷)から帰ってきたと思ったら、今度は魔国のお姫様であるアイディが交換留学で帝国にやってきた。その案内を押し付けられるのは、何となくわかっていたけれど――
「この暇を何とかなさい、村長」
平和な帝国はアイディには退屈過ぎた! バトルジャンキーなお姫様を宥めるため、俺はアイディが斬っても良い相手を探して奔走することに……!?
俺流ダンジョンストーリー第14弾! 斬られる前に何とかしよう!!

「「絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで」シリーズ(オーバーラップ文庫)」がセットでオトク

「ほら、さっさと山賊どもを皆殺しにしなさいよ!」「いやだ、働きたくない……」
日々をダラダラ過ごすのが趣味の俺、増田桂馬は異世界に召喚された先で金髪美少女のロクコと出会った。どうやら俺はダンジョンマスターとなり“働かなくてもいい”優雅な生活を手に入れることができたらしい。だが、三度の飯より寝ることが好きな俺にロクコが言い放った言葉は──
「私のダンジョンを救って。ちなみにダンジョンコアを破壊されたら、マスターであるあなたも一蓮托生で死ぬから」
ダンジョンの部屋は一つ。さらに山賊によって制圧済み。どう考えても“詰み”の状態だろ、これ。仕方ない“働かない”ためにこの絶望的な状況をどうにかするか!!
※セットに購入済みの作品がある場合でも購入可能ですが、その分金額が安くなることはございません。
※購入後「購入した書籍の一覧」をご確認ください。セットに含まれる作品(すでに購入済み除く)が1冊ずつアプリに表示され、ダウンロードできます。なお、反映には最長で10分程度かかる場合があります。
※iOSアプリストアでは販売しておりません。iOSアプリをご利用の場合は、SafariなどのWebストアよりお買い求めいただきアプリにダウンロードしてください。
※セットの対象作品に特典として「きせかえ本棚【購入特典】」が付いている場合は、本商品購入後に自動で付与されます。iOS・Androidアプリの本棚編集画面にてご確認ください。
※きせかえ本棚の付与には最大24時間かかる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

「「絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで」シリーズ(オーバーラップ文庫)」作品一覧

(14冊)

693〜759(税込)

まとめてカート

「ほら、さっさと山賊どもを皆殺しにしなさいよ!」「いやだ、働きたくない……」
日々をダラダラ過ごすのが趣味の俺、増田桂馬は異世界に召喚された先で金髪美少女のロクコと出会った。どうやら俺はダンジョンマスターとなり“働かなくてもいい”優雅な生活を手に入れることができたらしい。だが、三度の飯より寝ることが好きな俺にロクコが言い放った言葉は──
「私のダンジョンを救って。ちなみにダンジョンコアを破壊されたら、マスターであるあなたも一蓮托生で死ぬから」
ダンジョンの部屋は一つ。さらに山賊によって制圧済み。どう考えても“詰み”の状態だろ、これ。仕方ない“働かない”ためにこの絶望的な状況をどうにかするか!!

異世界に召喚されてダンジョンマスターになった俺、増田桂馬は、“働きたくない”という一念でダンジョンの運営を開始した。強敵との戦いを経て、なんとか体裁は整ったものの、まだまだ安心して寝られるようなダンジョンじゃない!
俺の次なる一手は、“宿屋”の建設だった。ダンジョンと一緒に“宿屋”を運営すれば、ダブル収入でおいしいはず。これで勝つる!……しかしいざ宿を建てて目論見通りと思ったら、拡張していたダンジョンが隣のダンジョンの壁をブチ抜いてしまい――異世界でもご近所トラブルかよ!?
異世界の『常識』なんのその。果てなき野望に突き進む俺流ダンジョンストーリー、第2巻。そう、すべては“働かない”生活のため。

“働きたくない”という一念のもと、異世界でダンジョンマスターをしている俺、増田桂馬のダンジョンもいよいよ軌道に乗ってきた。ダンジョンに併設された宿屋は大繁盛で大忙し(ニク達が)。ククク、着実に働かずに済む生活に近づいているぜ……! そんな俺のダンジョンに今度は勇者がやってきたけど――え、ロクコに惚れた!?
「大変よケーマ! 私、ぷ、ぷ、プロポーズされたわ!」 
……面倒くさい奴みたいだな。よし、さっさと追い出してしまおう!
“働かない”ために全力の俺流ダンジョンストーリー第3巻! 俺の眠りを妨げる奴は、勇者だろうと許さない――!!

「「絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで」シリーズ(オーバーラップ文庫)」の作品情報

レーベル
オーバーラップ文庫
出版社
オーバーラップ
ジャンル
ライトノベル 男性向け 異世界系作品
ページ数
328ページ (絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 1)
配信開始日
2016年4月25日 (絶対に働きたくないダンジョンマスターが惰眠をむさぼるまで 1)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad