電子書籍 「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」シリーズ ラノベ

著者: 裕時悠示  イラストレーター: るろお 
みんなの★
4.8

まずは、無料で試し読み

試し読み

56ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる あらすじ・内容

裕時悠示×るろおが贈る、両手に花?のらぶ×らぶコメディ!

 妹みたいな可愛い幼なじみ・千和。「絶対やだ!やだやだっ!あんたなんかが彼とつきあうなんてぇっ!」 銀髪お嬢サマな帰国子女・真涼。「あら、幼なじみごときにそんな決定権があるのかしら?」――おお、どうしてこうなった!? 俺は平穏な高校生活を望んでいたのに、真涼と<秘密>を共有したためムリヤリ彼氏にされてしまった! ヤキモチを爆発させた千和が叫ぶ。「あたしだってモテてやるもん!」何かを企み、真涼が微笑む。「では私達がサポートしますね?」千和の彼氏作りになぜか協力するハメになった俺の運命やいかに!? 裕時悠示×るろおが贈る、両手に花?のらぶ×らぶコメディ! ※電子版は文庫版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

この作品を共有

「「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」シリーズ」作品一覧

(18冊)

660〜880(税込)

まとめてカート

──そんな嘘っぱちのハーレムなんて、修羅場らせてやる!

偽彼氏の秘密を知ったカオルが闇に落ちる中、季節は春、羽根ノ山高校は修学旅行、京都を訪れていた。
「恋愛の聖地」地主神社にある恋占いの石の爆破(ガチ)を目論む恋愛アンチの夏川真涼とそれを阻止せんとする季堂鋭太の戦いが始まる!?

そして修学旅行が終わると鋭太たちは三年生。鋭太は医学部推薦を志望し、最後の努力を続けていた。
卒業に向け、それぞれの目標に向かって歩みを進める鋭太、千和、真涼、姫香、愛衣。そんな彼、彼女らの前に現れるカオルの思惑は──。
裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶコメ第15弾!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

「しょうがないよ。俺は学校の期待を裏切った“裏切り者”だからな」

医学部推薦の受験失敗で周囲からの失望を浴びる鋭太。鋭太の真意を唯一理解したのは共犯者、夏川真涼だけであった――。

「幼なじみって、呪いなのかな」

真涼と決定的に対立した千和は思い悩む。再び現れた真涼父の思惑、幼なじみである愛衣に宣戦布告するカオルと混迷を極める中、真涼の姿は消えていた。

「彼女はもう卒業扱いだよ」

いなくなった真涼の行方を追い、鋭太はかつての自分を取り戻す。

「そう。俺は――馬鹿なんだよ!!」

裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶコメ第16弾!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

――私は、悪魔よ。
父親を屈服させて権力を握った真涼は「恋愛を滅ぼす」ために動き出す。
その矛先は千和、姫香、愛衣にも及ぶ。彼女らの鋭太への愛が本物であることを証明せよと迫る。
それに抗う千和たちが、卒業前にくだす決断とは? ルールを踏み外したカオルの選択は? 真那の想いは通じるのか?
ハーレム王の宿命を背負い、鋭太は最後の医学部受験に挑む。

そして、旅立つ真涼が「共犯者」に告げた最後の“契約”とは!?
「鋭太。あなたには、生涯――」

修羅場、ついに最終章!
裕時悠示×るろおが贈る、甘修羅らぶコメ第17弾!

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください