電子書籍 東天の獅子 天の巻・嘉納流柔術 文芸

著者: 夢枕獏 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

東天の獅子 第一巻 天の巻・嘉納流柔術 あらすじ・内容

明治になって衰退する柔術界に、新星のごとく「講道館流」が誕生した。提唱者は文武二道の達人、嘉納治五郎である。技のたゆまざる追究と人間教育への情熱によって、「姿三四郎」のモデルとされる志田(西郷)四郎ら「四天王」がめきめきと頭角を現す。若き気概に充ちた、闘う漢たちの壮大な物語が、いま幕を開ける。

この作品を共有

「東天の獅子 天の巻・嘉納流柔術」最新刊

身体のあらゆる部位を必殺の武器となす琉球の武術「唐手(トゥディー)」。二度目の「警視庁武術試合」で、保科(西郷)四郎の相手は唐手の使い手に決まった。しかし強さの頂点に迫る中で四郎は告白する。「闘うことがこわい」骨が砕け、肉が潰れ、魂が軋む死闘をへて、苦悩の末に下した決断とは――。明治武道界に嘉納治五郎が起こした革命の物語『東天の獅子 天の巻』、感動の最終巻。

「東天の獅子 天の巻・嘉納流柔術」作品一覧

(4冊)

510円〜600円(+税)

まとめてカート

明治になって衰退する柔術界に、新星のごとく「講道館流」が誕生した。提唱者は文武二道の達人、嘉納治五郎である。技のたゆまざる追究と人間教育への情熱によって、「姿三四郎」のモデルとされる志田(西郷)四郎ら「四天王」がめきめきと頭角を現す。若き気概に充ちた、闘う漢たちの壮大な物語が、いま幕を開ける。

柔術王国たる九州では、古流柔術の猛者たちが激突し、全国一の規模を誇る関東の揚心流戸塚派は、嘉納治五郎率いる新興の講道館に激しく対抗心を燃やす。新しい時代、この国で覇をとなえるのは誰なのか? 運命の「警視庁武術試合」を前に、闘いはいよいよ激しさを増す。

ついに始まった「警視庁武術試合」は、新興勢力の講道館と、古流柔術各派との争いになった。肉体と精神のどんづまりで、漢たちの汗が、血が、涙が散る! 講道館の名は世に轟いた。だが、講道館の門下生が、謎の男「梟」に次々と襲われる。鍵は秘伝の武術「御式内(おしきうち)」にあると聞き、保科(西郷)四郎は孤高の武術家、武田惣角のもとへ向かった。

「東天の獅子 天の巻・嘉納流柔術」の作品情報

レーベル
双葉文庫
出版社
双葉社
ジャンル
文芸
ページ数
470ページ (東天の獅子 第一巻 天の巻・嘉納流柔術)
配信開始日
2016年4月26日 (東天の獅子 第一巻 天の巻・嘉納流柔術)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad