電子書籍 チェーホフの4大戯曲(分冊版)(グーテンベルク21) 実用

著: チェーホフ  訳者: 中村白葉 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

チェーホフ四大戯曲(分冊版) 桜の園 あらすじ・内容

南ロシアの地主であるラネーフスカヤ夫人は夫と死別後、愛人とパリで暮らしていたが、愛人に裏切られ、経済的にもいきづまって、古い領地に帰ってくる。だが、その領地も抵当に入っており、破産は目前……美しい「桜の園」を舞台に、旧地主・貴族階級の没落とそれに取ってかわる新興ブルジョワジーの台頭を描く。チェーホフ四大戯曲の中でももっとも完璧な作品としてしばしば上演される名作。2004年はチェーホフ没後100年にもあたる。

この作品を共有

「チェーホフの4大戯曲(分冊版)(グーテンベルク21)」最新刊

47年間の自分の一生がまったく無意味なものだったことに思いいたるワーニャの絶望、6年間ひそかに、熱烈に慕いつづけてきたアーストロフへの愛が、一瞬のうちに打ちこわされ、絶望につきおとされる姪のソーニャ…だが二人は健気に生きる決意を固める。「かもめ」とともに新しい演劇の地平をひらいた名戯曲。

「チェーホフの4大戯曲(分冊版)(グーテンベルク21)」作品一覧

(4冊)

330〜440(税込)

まとめてカート

南ロシアの地主であるラネーフスカヤ夫人は夫と死別後、愛人とパリで暮らしていたが、愛人に裏切られ、経済的にもいきづまって、古い領地に帰ってくる。だが、その領地も抵当に入っており、破産は目前……美しい「桜の園」を舞台に、旧地主・貴族階級の没落とそれに取ってかわる新興ブルジョワジーの台頭を描く。チェーホフ四大戯曲の中でももっとも完璧な作品としてしばしば上演される名作。2004年はチェーホフ没後100年にもあたる。

プローゾロフ家の三人姉妹、若くて、美しくて、才能のある三人(オーリガ、マーシャ、イリーナ)は、将軍の父の死後、田舎町の低俗な環境の中で、しだいに若さを失い、きりょうも衰え、才能もむだについえてゆく……物情騒然たる二十世紀初頭のロシヤ社会の空気のなかに、作者チェーホフが身をもって感じた近づく革命を予測する言葉が登場人物の口を借りて語られる。一九〇一年にモスクワ芸術座で上演するために書かれた。

女優志望の娘ニーナと、作家志望の青年トレープレフの物語。名声を夢みて、有名な作家トリゴーリンのもとに走ったニーナは、やがてトリゴーリンに棄てられ、彼との間にできた子供にも死なれて、精神的にも肉体的にも傷つく。だが2年後、トレープレフを訪れた彼女は、もはや自己の生きてゆく道をはっきり自覚した女性であり、プロの女優であった。一方のトレープレフは新進作家として売り出してはいたが…チェーホフの4大戯曲のひとつ。

「チェーホフの4大戯曲(分冊版)(グーテンベルク21)」の作品情報

レーベル
――
出版社
グーテンベルク21
ジャンル
実用 海外文学
ページ数
122ページ (チェーホフ四大戯曲(分冊版) 桜の園)
配信開始日
2015年4月17日 (チェーホフ四大戯曲(分冊版) 桜の園)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad