電子書籍 化魂ムジナリズム(MF文庫J) ラノベ

著者: 頂生崇深  イラスト: maruco 

まずは、無料で試し読み

試し読み

44ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

化魂ムジナリズム あらすじ・内容

スタイリッシュ和風バトルファンタジー艶やかに開演!

「――そなたは確かに一度、命を落とした」銀杏ヶ峰高校1年・御陰和希(みかげかずき)は、ある日妖怪に襲われ命を落としてしまう。しかし化狸の妖怪・間宮鈴(まみやすず)の中にある化魂を身に宿すことで再び息を吹き返した。「さあ選ぶがよい。妖怪に負わされた傷でこのまま死ぬか。それとも、ワシの従僕となるか!」

この作品を共有

「化魂ムジナリズム(MF文庫J)」最新刊

秋迫る夕暮れの教室で和希が一度死んでから、しばらくが経とうとしていた。学校の文化祭、『銀葉祭』の実行委員を押しつけられそうになった和希と鈴は、『清白魂』である薫子も一緒に委員をやるという事で、断れずに引き受けてしまう。そんな中、淵ノ瀬みかりという謎の少女が和希の前に現れ、さらに薫子の周りでも再び不思議な事件が起こり始める……。変わる心、変わらない心。従僕変幻ファンタジー第二巻。――鈴、これは契約だ。

「化魂ムジナリズム(MF文庫J)」作品一覧

(2冊)

各638(税込)

まとめてカート

「――そなたは確かに一度、命を落とした」銀杏ヶ峰高校1年・御陰和希(みかげかずき)は、ある日妖怪に襲われ命を落としてしまう。しかし化狸の妖怪・間宮鈴(まみやすず)の中にある化魂を身に宿すことで再び息を吹き返した。「さあ選ぶがよい。妖怪に負わされた傷でこのまま死ぬか。それとも、ワシの従僕となるか!」

秋迫る夕暮れの教室で和希が一度死んでから、しばらくが経とうとしていた。学校の文化祭、『銀葉祭』の実行委員を押しつけられそうになった和希と鈴は、『清白魂』である薫子も一緒に委員をやるという事で、断れずに引き受けてしまう。そんな中、淵ノ瀬みかりという謎の少女が和希の前に現れ、さらに薫子の周りでも再び不思議な事件が起こり始める……。変わる心、変わらない心。従僕変幻ファンタジー第二巻。――鈴、これは契約だ。

「化魂ムジナリズム(MF文庫J)」の作品情報

レーベル
MF文庫J
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ライトノベル 男性向け めがイラスト
ページ数
244ページ (化魂ムジナリズム)
配信開始日
2013年7月11日 (化魂ムジナリズム)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad