電子書籍 ななかさん(ガガガ文庫) ラノベ

著: 鮫島くらげ  イラスト: 双龍 

まずは、無料で試し読み

試し読み

37ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ななかさんは現実 あらすじ・内容

第4回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞受賞。俺は電車のなかで居眠りをしていた。ラブコメマンガのヒロインななかさんとキャッキャウフフする2次元ドリームを見ていた。「ウホッ」という声で目をさますと、近くにいたオッサンが「やらないか」とか言ってきた。俺は夢で美少女にツンツンしていたはずが、そっち系の見知らぬオッサンにモーションをかけてしまっていたようだ。アーッ!俺はチカンじゃない! そういう趣味もない! ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…といくら謝っても「嘘だッ!!!」と認めてくれない。「やめなさい!」――そこに現れたのはひとりの美少女。どこかで会ったことがあるような。っていうか、さっき夢で!「電車内での性行為はつつしんでくださいよ!」ちょ、おま! ちげーよ!「……ははァん。こりゃあ俺たちの仲を引き裂こうってハラだな?」そう言ってオッサンはななかさんに激似の少女にフリッカージャブを繰り出すも、彼女はデンプシーロールを駆使してボッコボコに!まじパネェ。……それが、俺が絶賛片思い中の二次元の女の子“ななかさん”によく似た謎の美少女との出会いだった。第4回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞受賞作!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

この作品を共有

「ななかさん(ガガガ文庫)」最新巻

第4回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞受賞。俺は電車のなかで居眠りをしていた。ラブコメマンガのヒロインななかさんとキャッキャウフフする2次元ドリームを見ていた。「ウホッ」という声で目をさますと、近くにいたオッサンが「やらないか」とか言ってきた。俺は夢で美少女にツンツンしていたはずが、そっち系の見知らぬオッサンにモーションをかけてしまっていたようだ。アーッ!俺はチカンじゃない! そういう趣味もない! ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい…といくら謝っても「嘘だッ!!!」と認めてくれない。「やめなさい!」――そこに現れたのはひとりの美少女。どこかで会ったことがあるような。っていうか、さっき夢で!「電車内での性行為はつつしんでくださいよ!」ちょ、おま! ちげーよ!「……ははァん。こりゃあ俺たちの仲を引き裂こうってハラだな?」そう言ってオッサンはななかさんに激似の少女にフリッカージャブを繰り出すも、彼女はデンプシーロールを駆使してボッコボコに!まじパネェ。……それが、俺が絶賛片思い中の二次元の女の子“ななかさん”によく似た謎の美少女との出会いだった。第4回小学館ライトノベル大賞ガガガ賞受賞作!※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

「ななかさん(ガガガ文庫)」の作品情報

レーベル
ガガガ文庫
出版社
小学館
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
267ページ (ななかさんは現実)
配信開始日
2016年5月20日 (ななかさんは現実)
対応端末
  • PCブラウザビューア
  • Android(スマホ / タブレット)
  • iPhone / iPad