電子書籍 プロ野球の経済学―労働経済学の視点で捉えた選手、球団経営、リーグ運営 実用

著: 橘木俊詔 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

プロ野球の経済学―労働経済学の視点で捉えた選手、球団経営、リーグ運営 あらすじ・内容

日本のプロ野球を「(労働)経済学」の観点で捉え、年俸問題、キャリア問題、選手の権利問題、球団経営等について調査・分析。メジャーリーグとの比較分析も行う。新たな視点のプロ野球解説書とするとともに、日本のプロ野球をケーススタディとした経営、ビジネスの指南書にもなる書。

この作品を共有

「プロ野球の経済学―労働経済学の視点で捉えた選手、球団経営、リーグ運営」最新刊

日本のプロ野球を「(労働)経済学」の観点で捉え、年俸問題、キャリア問題、選手の権利問題、球団経営等について調査・分析。メジャーリーグとの比較分析も行う。新たな視点のプロ野球解説書とするとともに、日本のプロ野球をケーススタディとした経営、ビジネスの指南書にもなる書。

「プロ野球の経済学―労働経済学の視点で捉えた選手、球団経営、リーグ運営」の作品情報

レーベル
――
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
実用 ビジネス 経済 教養
ページ数
221ページ (プロ野球の経済学―労働経済学の視点で捉えた選手、球団経営、リーグ運営)
配信開始日
2016年5月13日 (プロ野球の経済学―労働経済学の視点で捉えた選手、球団経営、リーグ運営)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad