電子書籍 読書脳 ぼくの深読み300冊の記録(文春e-book) 文芸・小説

著: 立花隆 

まずは、無料で試し読み

試し読み

20ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

読書脳 ぼくの深読み300冊の記録 あらすじ・内容

人間の知の世界全体がいまほど劇的に変わりつつある時代はない。そんな時代に「知の巨人」が選んだ読むべき本とは。第1部 巻頭対談 石田英敬東大教授×立花隆 「読書の未来」・・・単行本刊行時、東京大学附属図書館副館長を務めていた石田教授と、電子書籍と紙の本との違い、東大新図書館構想、ヴァーチャル書棚、ソーシャル・リーディングなど、本のデジタル化によって大変貌を遂げつつある「知」の最前線までを語り尽くす。第2部 週刊文春連載「私の読書日記」(2006.12.7号~2013.7.14号)6年分・・・選ぶいちばんの基準は広義の「面白い」ということ。広い関心領域の中から読む価値のある本を紹介。

この作品を共有

「読書脳 ぼくの深読み300冊の記録(文春e-book)」最新刊

人間の知の世界全体がいまほど劇的に変わりつつある時代はない。そんな時代に「知の巨人」が選んだ読むべき本とは。第1部 巻頭対談 石田英敬東大教授×立花隆 「読書の未来」・・・単行本刊行時、東京大学附属図書館副館長を務めていた石田教授と、電子書籍と紙の本との違い、東大新図書館構想、ヴァーチャル書棚、ソーシャル・リーディングなど、本のデジタル化によって大変貌を遂げつつある「知」の最前線までを語り尽くす。第2部 週刊文春連載「私の読書日記」(2006.12.7号~2013.7.14号)6年分・・・選ぶいちばんの基準は広義の「面白い」ということ。広い関心領域の中から読む価値のある本を紹介。

「読書脳 ぼくの深読み300冊の記録(文春e-book)」の作品情報

レーベル
文春e-Books
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸・小説 エッセイ
ページ数
501ページ (読書脳 ぼくの深読み300冊の記録)
配信開始日
2016年5月13日 (読書脳 ぼくの深読み300冊の記録)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad