電子書籍 ボクのセカイをまもるヒト(電撃文庫) ラノベ

著者: 谷川流  イラスト: 織澤 あきふみ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ボクのセカイをまもるヒト あらすじ・内容

わたしはお前の守護者になる―― 突然現われた美少女の正体は!?

「ようやく帰ってきたか」家に帰ってくるなり、少年は見知らぬ少女に出迎えられた。「遅かったではないか」少女は眉をキッと吊り上げた。 名前は、“津門綾羽紬” というらしい。が、どう読めばいいのだろう。 やがて彼女は少年に向かって宣言した。「わたしは今からお前の守護者になる」守護される理由のない少年は、とまどうばかりだったのだが……。それからというもの、彼女曰く “襲撃者” たちが次から次へとやってくるようになった! 5メートル離れると自爆する幼女に、不気味なぬいぐるみを抱える妖しい魔術師――。少年にとってあたり前だった ≪世界≫ が壊れていく!?

この作品を共有

「ボクのセカイをまもるヒト(電撃文庫)」最新刊

ごく普通の高校生・朝凪巽の護衛を務めるのは、自称 “巽の妹” にして実は人型兵器―― 猫子と、自称 “巽の守護者” にして実は妖精―― 綾羽だった。巽くん&2人の美少女&愉快な仲間たちが織り成す、プール開き、ドキドキ調理実習などなど、楽しい日常生活を堪能して下さい♪

「ボクのセカイをまもるヒト(電撃文庫)」作品一覧

(3冊)

539〜671(税込)

まとめてカート

「ようやく帰ってきたか」家に帰ってくるなり、少年は見知らぬ少女に出迎えられた。「遅かったではないか」少女は眉をキッと吊り上げた。 名前は、“津門綾羽紬” というらしい。が、どう読めばいいのだろう。 やがて彼女は少年に向かって宣言した。「わたしは今からお前の守護者になる」守護される理由のない少年は、とまどうばかりだったのだが……。それからというもの、彼女曰く “襲撃者” たちが次から次へとやってくるようになった! 5メートル離れると自爆する幼女に、不気味なぬいぐるみを抱える妖しい魔術師――。少年にとってあたり前だった ≪世界≫ が壊れていく!?

高校生の朝凪巽は、彼を一方的に守護している少女・津門綾羽紬と兵器少女・猫子と同居中。そして、その日常は常に危険だらけ! 西洋剣を使う少女が騒動を起こし、謎のゴスロリ魔術師たちは巽の殺害を企てる! さらに、幼なじみの3姉妹までやってきて――!?

ごく普通の高校生・朝凪巽の護衛を務めるのは、自称 “巽の妹” にして実は人型兵器―― 猫子と、自称 “巽の守護者” にして実は妖精―― 綾羽だった。巽くん&2人の美少女&愉快な仲間たちが織り成す、プール開き、ドキドキ調理実習などなど、楽しい日常生活を堪能して下さい♪

「ボクのセカイをまもるヒト(電撃文庫)」の作品情報

レーベル
電撃文庫
出版社
KADOKAWA
ジャンル
ライトノベル 男性向け
ページ数
314ページ (ボクのセカイをまもるヒト)
配信開始日
2016年6月2日 (ボクのセカイをまもるヒト)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad