電子書籍 麻雀放浪記 凌ぎの哲 マンガ

原作: 阿佐田哲也  作画: 原恵一郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

麻雀放浪記 凌ぎの哲 (1) あらすじ・内容

敗戦の傷跡がいまだ癒えぬ東京。そこにはイカサマ博打で金を巻き上げ、ハイエナのように生きるバイニンと呼ばれる男たちがいた! 哲はドサ健と知り合ったことをきっかけに博打の世界に足を踏み入れ、数々の技を合わせ持つ一人前のバイニンに育っていった。やがて戦後の混乱期が過ぎ、社会は法と秩序を取り戻しつつあったが、バイニンたちは依然として餌場を求め路地裏を徘徊していた――。

この作品を共有
  

「麻雀放浪記 凌ぎの哲」最新刊

一見、金持ちとバイニンを集めた麻雀大会にみえた権々会も、その本質は寺の金集めだった。バイニンたちに勝てるだけ勝たせておいて、最後に寺側が一気に回収するというたくらみ。いったい誰と誰がグルになっているのか、雲を掴むような戦いでバイニンたちの猜疑と不信はとどまることなく高まっていく。達磨、飛び甚、その息子ゲンと卓に着いた哲。そこで無敵と思われたある男の化けの皮が剥がれて…!?

「麻雀放浪記 凌ぎの哲」作品一覧

(7冊)

各607(税込)

まとめてカート

敗戦の傷跡がいまだ癒えぬ東京。そこにはイカサマ博打で金を巻き上げ、ハイエナのように生きるバイニンと呼ばれる男たちがいた! 哲はドサ健と知り合ったことをきっかけに博打の世界に足を踏み入れ、数々の技を合わせ持つ一人前のバイニンに育っていった。やがて戦後の混乱期が過ぎ、社会は法と秩序を取り戻しつつあったが、バイニンたちは依然として餌場を求め路地裏を徘徊していた――。

時代は変わりつつあり、麻雀はもはや一般化されたかたぎのゲームになっていた。哲は勤め人となり、ある日九州へ出張する。そこでふらりと入った雀荘で異常なほど勝負にこだわるバイニン李億春と出会う。李は哲の本格的なバイニンとしての技術を目の当たりにし、どうしても哲と打ちたがる。適当にあしらった哲だったが、どこまでも付いて来る李に辟易し、とどめを差すつもりで最後の対局に挑む!

哲は上司や同僚をかもにしていたツケが回って、「銀座の番長」の異名をとるクラブのマネージャー鎌田と対局させられた。一方、変わりゆく時代に乗り遅れまいとバイニン同士で集まった「稲荷町グループ」は徒党を組み、一匹狼のドサ健を潰そうとする。リーダーの花沢と流れ者の雇われ人ジンを相手に卓上で決着をつけようとするドサ健。そこに哲も加勢し、玄人同士の戦いは熾烈を極める!!

「麻雀放浪記 凌ぎの哲」の作品情報

レーベル
近代麻雀コミックス
出版社
竹書房
ジャンル
マンガ 男性向け 麻雀 青年マンガ ギャンブル 近代麻雀
ページ数
238ページ (麻雀放浪記 凌ぎの哲 (1))
配信開始日
2013年7月19日 (麻雀放浪記 凌ぎの哲 (1))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad