電子書籍 八丁堀育ち(朝日文庫) 文芸

著者: 風野真知雄 

まずは、無料で試し読み

試し読み

11ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

八丁堀育ち あらすじ・内容

橋の上で毎日誰かを待つ女。毎晩、酔ったふりをする男。地蔵に塗られた白粉。北町奉行の同心を義父に持つ夏之助は、幼なじみで与力の父を持つ早苗とそれらの謎を探り始めるが、いつしか町内で起きた斬殺事件の真相に近づいてしまい……。

この作品を共有

「八丁堀育ち(朝日文庫)」最新刊

同心の息子で臆病者の夏之助と、与力の娘でしっかり者の早苗。二人は、市井の謎を追ううちに、八丁堀を揺るがす事件に気づきはじめる。そんな二人を疎ましく思う入り婿・右京は……。さまざまな思惑が交錯するシリーズ完結編。

「八丁堀育ち(朝日文庫)」作品一覧

(4冊)

各550円 (+税)

まとめてカート

橋の上で毎日誰かを待つ女。毎晩、酔ったふりをする男。地蔵に塗られた白粉。北町奉行の同心を義父に持つ夏之助は、幼なじみで与力の父を持つ早苗とそれらの謎を探り始めるが、いつしか町内で起きた斬殺事件の真相に近づいてしまい……。

同心の息子でちょっと臆病な夏之助と、与力の娘でしっかり者の早苗。お互いに、ほのかな恋心を抱く二人は、江戸の不可思議な出来事を解決しようと夢中になるあまり、いつしか危険な香りのする事件に巻き込まれ……。

同心の息子で臆病者の夏之助と、与力の娘でしっかり者の早苗。二人は、かつて珍事件を追ううちに、命に関わる出来事に巻き込まれたにもかかわらず、再び首を突っ込んでいく。前作で、謎の浪人に立ち向かった、夏之助の運命は?

「八丁堀育ち(朝日文庫)」の作品情報

レーベル
朝日文庫
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
文芸 時代小説 歴史
ページ数
204ページ (八丁堀育ち)
配信開始日
2016年5月20日 (八丁堀育ち)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad