電子書籍 介助犬オリーブのきもち わたしの職場は市役所です 実用

著: 本田真智子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

41ページ読める

新規会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

介助犬オリーブのきもち わたしの職場は市役所です あらすじ・内容

密着取材してきた著者が、犬のきもちになりきって綴った、「オリーブ」一人称の半生記。

わたしの名前はオリーブ。盲導犬より介助犬に向いているといわれた、3歳半のラブラドール・レトリーバーです。ユーザーの山口さんは車いすに乗った千葉市の職員で、毎日一緒にご出勤。でもこれまでには、子犬時代からの訓練の日々があったのです―。働く犬の事情に精通し、オリーブに密着取材してきた著者が犬のきもちになりきって綴った、オリーブ一人称の半生記。元気でかわいい写真を満載し、小学校高学年からひとりで読める、絵本感覚の書き下ろし文庫を電子化!

この電子書籍の売り上げの一部は、公益財団法人日本盲導犬協会、社会福祉法人日本介助犬協会に寄付されます。

この作品を共有

「介助犬オリーブのきもち わたしの職場は市役所です」最新刊

密着取材してきた著者が、犬のきもちになりきって綴った、「オリーブ」一人称の半生記。

わたしの名前はオリーブ。盲導犬より介助犬に向いているといわれた、3歳半のラブラドール・レトリーバーです。ユーザーの山口さんは車いすに乗った千葉市の職員で、毎日一緒にご出勤。でもこれまでには、子犬時代からの訓練の日々があったのです―。働く犬の事情に精通し、オリーブに密着取材してきた著者が犬のきもちになりきって綴った、オリーブ一人称の半生記。元気でかわいい写真を満載し、小学校高学年からひとりで読める、絵本感覚の書き下ろし文庫を電子化!

この電子書籍の売り上げの一部は、公益財団法人日本盲導犬協会、社会福祉法人日本介助犬協会に寄付されます。

「介助犬オリーブのきもち わたしの職場は市役所です」の作品情報

レーベル
――
出版社
小学館
ジャンル
実用 ノンフィクション 社会
ページ数
143ページ (介助犬オリーブのきもち わたしの職場は市役所です)
配信開始日
2016年5月27日 (介助犬オリーブのきもち わたしの職場は市役所です)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad