電子書籍 哈日杏子のニッポン中毒 日本にハマッた台湾人 トーキョー熱烈滞在記 文芸・小説

著: 哈日杏子  訳者: 小島早依 

まずは、無料で試し読み

試し読み

38ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

哈日杏子のニッポン中毒 日本にハマッた台湾人 トーキョー熱烈滞在記 あらすじ・内容

日本大好き台湾女性のドタバタ東京滞在記。

台湾の人気漫画家兼エッセイスト・哈日杏子さんの翻訳エッセイです。杏子さんは来日歴20回以上の超リピーター。日本滞在の体験を漫画とエッセイ、ガイドブックにして多数発表しています。
「哈日」とは台湾語で「日本大好き」という意味だとか。
マニアックでパワフルだけど、どこかいつもズッコケてる杏子さんの日本滞在記は、20~30代の旅行好きな日本女性にも「あるある、こんな経験、こんな失敗!」と共感を持ってもらえるはずです。同時に、杏子さんの強烈な「ニッポン中毒」ぶりには、当の日本人として「なんでそこまで…!?」と、うれしがっていいやら、あきれていいやらまったく当惑させられる、そんな内容の一冊です。

この作品を共有

「哈日杏子のニッポン中毒 日本にハマッた台湾人 トーキョー熱烈滞在記」最新刊

日本大好き台湾女性のドタバタ東京滞在記。

台湾の人気漫画家兼エッセイスト・哈日杏子さんの翻訳エッセイです。杏子さんは来日歴20回以上の超リピーター。日本滞在の体験を漫画とエッセイ、ガイドブックにして多数発表しています。
「哈日」とは台湾語で「日本大好き」という意味だとか。
マニアックでパワフルだけど、どこかいつもズッコケてる杏子さんの日本滞在記は、20~30代の旅行好きな日本女性にも「あるある、こんな経験、こんな失敗!」と共感を持ってもらえるはずです。同時に、杏子さんの強烈な「ニッポン中毒」ぶりには、当の日本人として「なんでそこまで…!?」と、うれしがっていいやら、あきれていいやらまったく当惑させられる、そんな内容の一冊です。

「哈日杏子のニッポン中毒 日本にハマッた台湾人 トーキョー熱烈滞在記」の作品情報

レーベル
――
出版社
小学館
ジャンル
文芸・小説 エッセイ サブカルチャー
ページ数
244ページ (哈日杏子のニッポン中毒 日本にハマッた台湾人 トーキョー熱烈滞在記)
配信開始日
2016年5月27日 (哈日杏子のニッポン中毒 日本にハマッた台湾人 トーキョー熱烈滞在記)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad