電子書籍 愛について、なお語るべきこと 文芸・小説

著: 片山恭一 

まずは、無料で試し読み

試し読み

30ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

愛について、なお語るべきこと 上 あらすじ・内容

このろくでもない世界を生き抜く。

ふたつの小説が、交互に語られていく。
 第一の小説は、近未来の世界で生き残ったふたりの十代の男女が主人公。少年の名前はオサム、少女は「ギギ」と少年から呼ばれている。彼女は言葉を話すことができない。ふたりは、食料確保のため冬の山のなかへ分け入っていく。
 第二の小説は、旅先で消息を絶った息子・理を捜すためにタイの地を訪れた小説家・辻村に、一夜を共にしたウァンと呼ばれる現地の謎の美女、そして彼女の同居人の日本人カメラマンが絡む。
 「彼女の本当の名前」を巡って二つの物語が共振する。

この作品を共有

「愛について、なお語るべきこと」最新刊

最後に見たものは、希望か、絶望か。

 山中で老人とともに熊を追っていたオサムは、老人が命を落とす瞬間を目の当たりにする。その後、老人の知り合いである鍛冶屋を頼り、ギギとともに「耕す人」の村で生活をするオサムだったが、あることを契機に鍛冶屋に殺意を抱き、元の棲家である都市部のビルの廃墟に戻る決意をする。
 一方、タイで息子の消息を追っていた小説家の辻村は、思わぬ成り行きから、突如ラオス国境の山村に帰ってしまった謎の美女・ウァンを追って、日本人カメラマン・川那部と彼の地へ向かう。そして、事態は思わぬ方向へ急変する。

「愛について、なお語るべきこと」作品一覧

(2冊)

各455円 (+税)

まとめてカート

このろくでもない世界を生き抜く。

ふたつの小説が、交互に語られていく。
 第一の小説は、近未来の世界で生き残ったふたりの十代の男女が主人公。少年の名前はオサム、少女は「ギギ」と少年から呼ばれている。彼女は言葉を話すことができない。ふたりは、食料確保のため冬の山のなかへ分け入っていく。
 第二の小説は、旅先で消息を絶った息子・理を捜すためにタイの地を訪れた小説家・辻村に、一夜を共にしたウァンと呼ばれる現地の謎の美女、そして彼女の同居人の日本人カメラマンが絡む。
 「彼女の本当の名前」を巡って二つの物語が共振する。

最後に見たものは、希望か、絶望か。

 山中で老人とともに熊を追っていたオサムは、老人が命を落とす瞬間を目の当たりにする。その後、老人の知り合いである鍛冶屋を頼り、ギギとともに「耕す人」の村で生活をするオサムだったが、あることを契機に鍛冶屋に殺意を抱き、元の棲家である都市部のビルの廃墟に戻る決意をする。
 一方、タイで息子の消息を追っていた小説家の辻村は、思わぬ成り行きから、突如ラオス国境の山村に帰ってしまった謎の美女・ウァンを追って、日本人カメラマン・川那部と彼の地へ向かう。そして、事態は思わぬ方向へ急変する。

「愛について、なお語るべきこと」の作品情報

レーベル
――
出版社
小学館
ジャンル
文芸・小説 ファンタジー
ページ数
321ページ (愛について、なお語るべきこと 上)
配信開始日
2016年5月27日 (愛について、なお語るべきこと 上)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad