電子書籍 虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議あり 文芸

著: 井沢元彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

21ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議あり あらすじ・内容

「逆説の日本史」シリーズ「『言霊の国』解体新書」「逆説のニッポン歴史観」

古来、現実よりも言葉の霊力に重きをなしてきた「言霊の国」ニッポンにあって報道の客観性は遠いところにあった。その精神風土を冷静に見すえることなく、迷妄なコトバ=記事をたれ流してきたのが大新聞の報道姿勢でなかったのか。新聞はウソをつかない“社会の木鐸”などの言葉が空しくなる虚報、ミスリードの連続を数々の事例を持って検証し、朝日新聞に代表される新聞ジャーナリズムの姿勢を問う。

この作品を共有

「虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議あり」最新刊

「逆説の日本史」シリーズ「『言霊の国』解体新書」「逆説のニッポン歴史観」

古来、現実よりも言葉の霊力に重きをなしてきた「言霊の国」ニッポンにあって報道の客観性は遠いところにあった。その精神風土を冷静に見すえることなく、迷妄なコトバ=記事をたれ流してきたのが大新聞の報道姿勢でなかったのか。新聞はウソをつかない“社会の木鐸”などの言葉が空しくなる虚報、ミスリードの連続を数々の事例を持って検証し、朝日新聞に代表される新聞ジャーナリズムの姿勢を問う。

「虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議あり」の作品情報

レーベル
――
出版社
小学館
ジャンル
文芸 経済小説 経済 社会
ページ数
319ページ (虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議あり)
配信開始日
2016年5月27日 (虚報の構造 オオカミ少年の系譜 朝日ジャーナリズムに異議あり)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad