電子書籍 この愛いつまでも(光文社文庫) 実用

加山雄三 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

この愛いつまでも~若大将の子育て実戦記~ あらすじ・内容

4人の子を持つ著者がみずからの体験をもとに語る加山雄三式・愛の家庭論

女優だった母・小桜葉子が、“私の代表作は、加山雄三です”と言っていましたが、どの母親も自分だけのドラマをもっているすばらしい女優だと思います。そして母を名優にすべく製作、監督を受けもつのが父親の役目だと思います。 現在、四児の父親になってみて、ぼくがあるのは父母のおかげだと実感し、子育ての責任の重さに身が引きしまります〈まえがきより〉。

この作品を共有

「この愛いつまでも(光文社文庫)」最新刊

よく、女房と畳は新しいほどいいといいます。でも夫婦とは、素材の新鮮さを売りものにする生モノではなく、置けば置くほど味のでる、じっくりと味わう類いの料理ではないでしょうか。そして、すばらしい子育ては、夫婦愛こそがすべてであると、ぼくは確信しています〈本文より〉。

「この愛いつまでも(光文社文庫)」作品一覧

(2冊)

各500円 (+税)

まとめてカート

女優だった母・小桜葉子が、“私の代表作は、加山雄三です”と言っていましたが、どの母親も自分だけのドラマをもっているすばらしい女優だと思います。そして母を名優にすべく製作、監督を受けもつのが父親の役目だと思います。 現在、四児の父親になってみて、ぼくがあるのは父母のおかげだと実感し、子育ての責任の重さに身が引きしまります〈まえがきより〉。

よく、女房と畳は新しいほどいいといいます。でも夫婦とは、素材の新鮮さを売りものにする生モノではなく、置けば置くほど味のでる、じっくりと味わう類いの料理ではないでしょうか。そして、すばらしい子育ては、夫婦愛こそがすべてであると、ぼくは確信しています〈本文より〉。

「この愛いつまでも(光文社文庫)」の作品情報

レーベル
光文社文庫
出版社
光文社
ジャンル
実用 暮らし・健康・子育て タレント・アイドル
ページ数
186ページ (この愛いつまでも~若大将の子育て実戦記~)
配信開始日
2016年5月27日 (この愛いつまでも~若大将の子育て実戦記~)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad