電子書籍 きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)(文春文庫) 文芸

著: 宮藤官九郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で) あらすじ・内容

当代一の売れっ子脚本家が放つ、初の小説!冬の白鳥だけが名物の東北の町で男子高に通う「僕」。ある日、ローカル番組で「おもしろ素人さん」を募集しているのを見つけた僕は、親友たちの名前を勝手に書いて応募し……。解説・石田衣良

この作品を共有

「きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)(文春文庫)」最新刊

当代一の売れっ子脚本家が放つ、初の小説!冬の白鳥だけが名物の東北の町で男子高に通う「僕」。ある日、ローカル番組で「おもしろ素人さん」を募集しているのを見つけた僕は、親友たちの名前を勝手に書いて応募し……。解説・石田衣良

「きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で)(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 エッセイ
ページ数
231ページ (きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で))
配信開始日
2016年5月27日 (きみは白鳥の死体を踏んだことがあるか(下駄で))
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad