電子書籍 壊れかけた記憶、持続する自我 「やっかいな友人」としての高次脳機能障害 実用

著: 山田規畝子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

壊れかけた記憶、持続する自我 「やっかいな友人」としての高次脳機能障害 あらすじ・内容

高次脳機能障害は外見からはわかりづらく、理解されにくい障害である。本書は、高次脳機能障害を負った医師が自らの障害を見つめ生活していくなかで、障害があっても前向きに生きていけること、そして介護・リハビリ等の支援に何が必要なのかを書き記したものである。

この作品を共有

「壊れかけた記憶、持続する自我 「やっかいな友人」としての高次脳機能障害」最新刊

高次脳機能障害は外見からはわかりづらく、理解されにくい障害である。本書は、高次脳機能障害を負った医師が自らの障害を見つめ生活していくなかで、障害があっても前向きに生きていけること、そして介護・リハビリ等の支援に何が必要なのかを書き記したものである。

「壊れかけた記憶、持続する自我 「やっかいな友人」としての高次脳機能障害」の作品情報

レーベル
――
出版社
中央法規出版
ジャンル
実用 医学・薬学 社会
ページ数
143ページ (壊れかけた記憶、持続する自我 「やっかいな友人」としての高次脳機能障害)
配信開始日
2016年5月27日 (壊れかけた記憶、持続する自我 「やっかいな友人」としての高次脳機能障害)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad