電子書籍 猫のアールの気持ち(いるかネットブックス) 実用

著: 良歌の宮・こころ 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

猫のアールの気持ち あらすじ・内容

450グラムの赤ちゃん猫は、アメリカンショートヘアーの女の子。名前はアール。育てていくのはこのママです。
はじめての子猫ちゃんとの生活は、猫を育てたことのないママが、ハチャメチャにママの生き様を、押し付けていくのです。
そんなママに、怯えたり、ビックリしたりを繰り返す子猫ちゃんの思いや、ママの様子を、暖かに愉快に二人の会話で綴っています。
その時々の猫の写真も、織り込みながら、生きていく日常の中から、家族としてお互いがお互いを必要としていくのが自然に溢れている・・・
◆写真付き

この作品を共有

「猫のアールの気持ち(いるかネットブックス)」最新刊

2018年5月6日の日曜日、午後3時49分に猫のアールは永眠しました。5月8日に荼毘にふされ私より一足先に旅立った。
49日までは私のそばにいてくれるとのことなら、アールの気配を感じて暮らせますようにと切に願ってやまなかった。
いつか来るであろう、お別れだったが覚悟なんかしていなかった。アールの命は私が握っていると思っていた。私さえきちんと育てていれば、ずぅ~と一緒に暮らせると信じていたのです。
アールの最後は身を切られる思いだった。障がい者になった私を支えてくれた小さなアールに、私はどれほど励まされて生きてきたかを思い知った。
呼吸が苦しくなりアールは口を開けて必死に空気を求めて苦しんでいた。私はアールの口に直接、口をくっつけて空気を送りこんでいた。私は衝動的な行為に出た。最後の瞬間を迎えるアールを、私の腕の中でしっかりと抱きしめて送りだした。
命の終わりを共有して私は慟哭した。亡くして尚、大きな愛を私に捧げてくれているアールに慟哭した。胸は張り裂けた。

「猫のアールの気持ち(いるかネットブックス)」作品一覧

(7冊)

200円〜300円(+税)

まとめてカート

450グラムの赤ちゃん猫は、アメリカンショートヘアーの女の子。名前はアール。育てていくのはこのママです。
はじめての子猫ちゃんとの生活は、猫を育てたことのないママが、ハチャメチャにママの生き様を、押し付けていくのです。
そんなママに、怯えたり、ビックリしたりを繰り返す子猫ちゃんの思いや、ママの様子を、暖かに愉快に二人の会話で綴っています。
その時々の猫の写真も、織り込みながら、生きていく日常の中から、家族としてお互いがお互いを必要としていくのが自然に溢れている・・・
◆写真付き

450グラムの赤ちゃん猫の、アメリカンショートヘアーの女の子は、順調に体重も増えて、ますます可愛くなっていくのです(笑)。
ママとは、しっかりと親子の契りを交わしていく。
アールにとっては、初めての人間の世界。
知らないことばっかりが、それも急に起きる日々の生活に、もぅ~もぅ~猫のアールの心臓は、バクバク!しっぱなし。
誰かが尋ねて来たら、秘密基地に隠れて、事の成り行きをドキドキしながら見ている。
特に、男の人の低音の魅力の声には、異常な反応をして、ただただ恐がっている。
そんな様子が、なんともいえないぐらい、愉快で愛おしいのよね……

猫のアールは女の子。でも体がとても小さなアメリカンショートヘアーだった。
大人の女性へと成長するにつれ、発情期がやってきた。アールの発情の様子は可愛いかった。人間の私がその様子を見ていても、とても色っぽいものだった。だけどアールには妊娠の予定はなかった。発育不全と言われるぐらいの体では、妊娠や出産は難しいと言われたからだ。そのアールの子宮が膿でいっぱいになり、アールは苦しんだ。
結果、アールは子宮摘出手術をすることとなった。
とても賢い猫で、状況をしっかりと把握して手術に向っていった。いじらしくて愛おしいくて、心配でたまらなかった。

「猫のアールの気持ち(いるかネットブックス)」の作品情報

レーベル
いるかネットブックス
出版社
いるかネットブックス
ジャンル
実用 エッセイ 動物・ペット・植物
ページ数
41ページ (猫のアールの気持ち)
配信開始日
2016年5月27日 (猫のアールの気持ち)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad