電子書籍 週刊文春 実用

著: 司馬遼太郎  著: 森秀樹  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

週刊文春 11月22日号 あらすじ・内容

■■■「イッテQ!」手越祐也 カリフラワー「祭り」にもデッチ上げ証言■■■
先週号で報じた「橋祭り」デッチ上げ疑惑は大騒動に発展した。
日テレは現地コーディネート会社に責任をかぶせ、「やらせ」を否定。
そんな折、小誌に寄せられた新疑惑――。
NEWSの手越祐也が参戦した「カリフラワー祭りinタイ」の実態を現地で徹底取材した。
・タイ観光局「祭りの申請はなかった」優勝者は「謝礼目当てで参加」
・“主犯”コーディネート会社社長は「日テレから謝罪があった」

■■■小室圭さん 卑猥ポーズ写真の波紋と秋篠宮さま「五つの宿題」■■■
小室さんの青春時代の一コマを報じた先週号に大きな反響が寄せられた。
なかでも、欧米に住む人や留学経験者からは「あれは人前でやってはいけないポーズだ」
「英国王室ならアウト」との指摘が相次いだ。
秋篠宮さまから課された「五つの宿題」に、小室さんは答えを見出せるのか。

■■■保存版 65歳になったら 相続「やることリスト30」■■■
「準備が一番大事」と専門家が口を揃える相続問題。
六十五歳になったらもう待ったなし。でも、何から手をつければいい?
誰に相談すれば? 夫が亡くなったらどうなるの?
そんな疑問に答えたのが「保存版やることリスト30」。これで相続の準備は完璧だ!
・孫への贈与がお得
・夫が入院したら通帳記入
・相談は弁護士より相続専門税理士に

■■片山さつき スキャンダルが止まらない■■
「政治とカネ」のスキャンダルが止まらない片山大臣。
もはや「疑惑のデパート」と化した片山氏だが、小誌の取材でまた新たな疑惑がふたつ浮上した。
ひとつは事務所の架空計上疑惑、そしてもうひとつは、大規模集会の収支不記載疑惑だ。

■■「好きな芸人」「嫌いな芸人」2018■■
初の試みだった前回は芸人本人が自分の順位をテレビでネタにするなど反響が大きかった。
今やバラエティだけでなくニュースやドラマにまで進出するお笑い芸人たち。
その社会的な影響力は大きくなっているが、お茶の間は彼らをどう見ているのか。
最新の好感度調査!

■■後藤田正純衆院議員が結婚詐欺で訴えられた■■
大叔父は「カミソリ」と呼ばれた名官房長官。妻は美人女優。
衆院選では七回連続当選と紛うことなきサラブレッドの後藤田氏。
毛並みの良さと選挙の強さ、甘いマスクは小泉進次郎氏に勝るとも劣らぬはずなのに
一体何があったのか。前代未聞の女性トラブルをスクープ!

■■司馬遼太郎・漫画化第2弾!「新選組血風録 前髪の惣三郎」作画・森秀樹■■
慶応三年、新選組は屯営を堀川へと移転し、何度目かの隊士募集を行う。
新たな入隊者のひとり、加納惣三郎は美しい青年だった。
鉄の規律で知られる新選組がたったひとりの若者のために乱れに乱れることになる。第七話!

●「原爆Tシャツ」でMステ出演中止 防弾少年団は本当に反日か
●「オレはカーペンター」汗だく大臣桜田義孝が直撃に「訴えてやる」
●キャスター畠山愛理嗚咽事件で甦る悪夢の新体操代表争い
●山尾志桜里が全面支援 尾張旭市長の「手つなぎラブホ写真」
●民宿経営、ライザップ…元DA PUMPの「カモンベイビー紅白」
●世田谷大量退職 企業型保育園社長が逆ギレ「保育士は皆サイコパス」
●阿川佐和子のこの人に会いたい 篠原涼子(女優)


グラビア
●原色美男図鑑 広瀬アリス 撮影・中村力也
●秋の京都でしあわせ朝ごはん

好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/能町みね子/近田春夫/土屋賢二/万城目学/出口治明/宮崎哲弥/海堂尊/原田マハ/真山仁


※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です

この作品を共有

「週刊文春」最新刊

■■■「イッテQ!」手越祐也 カリフラワー「祭り」にもデッチ上げ証言■■■
先週号で報じた「橋祭り」デッチ上げ疑惑は大騒動に発展した。
日テレは現地コーディネート会社に責任をかぶせ、「やらせ」を否定。
そんな折、小誌に寄せられた新疑惑――。
NEWSの手越祐也が参戦した「カリフラワー祭りinタイ」の実態を現地で徹底取材した。
・タイ観光局「祭りの申請はなかった」優勝者は「謝礼目当てで参加」
・“主犯”コーディネート会社社長は「日テレから謝罪があった」

■■■小室圭さん 卑猥ポーズ写真の波紋と秋篠宮さま「五つの宿題」■■■
小室さんの青春時代の一コマを報じた先週号に大きな反響が寄せられた。
なかでも、欧米に住む人や留学経験者からは「あれは人前でやってはいけないポーズだ」
「英国王室ならアウト」との指摘が相次いだ。
秋篠宮さまから課された「五つの宿題」に、小室さんは答えを見出せるのか。

■■■保存版 65歳になったら 相続「やることリスト30」■■■
「準備が一番大事」と専門家が口を揃える相続問題。
六十五歳になったらもう待ったなし。でも、何から手をつければいい?
誰に相談すれば? 夫が亡くなったらどうなるの?
そんな疑問に答えたのが「保存版やることリスト30」。これで相続の準備は完璧だ!
・孫への贈与がお得
・夫が入院したら通帳記入
・相談は弁護士より相続専門税理士に

■■片山さつき スキャンダルが止まらない■■
「政治とカネ」のスキャンダルが止まらない片山大臣。
もはや「疑惑のデパート」と化した片山氏だが、小誌の取材でまた新たな疑惑がふたつ浮上した。
ひとつは事務所の架空計上疑惑、そしてもうひとつは、大規模集会の収支不記載疑惑だ。

■■「好きな芸人」「嫌いな芸人」2018■■
初の試みだった前回は芸人本人が自分の順位をテレビでネタにするなど反響が大きかった。
今やバラエティだけでなくニュースやドラマにまで進出するお笑い芸人たち。
その社会的な影響力は大きくなっているが、お茶の間は彼らをどう見ているのか。
最新の好感度調査!

■■後藤田正純衆院議員が結婚詐欺で訴えられた■■
大叔父は「カミソリ」と呼ばれた名官房長官。妻は美人女優。
衆院選では七回連続当選と紛うことなきサラブレッドの後藤田氏。
毛並みの良さと選挙の強さ、甘いマスクは小泉進次郎氏に勝るとも劣らぬはずなのに
一体何があったのか。前代未聞の女性トラブルをスクープ!

■■司馬遼太郎・漫画化第2弾!「新選組血風録 前髪の惣三郎」作画・森秀樹■■
慶応三年、新選組は屯営を堀川へと移転し、何度目かの隊士募集を行う。
新たな入隊者のひとり、加納惣三郎は美しい青年だった。
鉄の規律で知られる新選組がたったひとりの若者のために乱れに乱れることになる。第七話!

●「原爆Tシャツ」でMステ出演中止 防弾少年団は本当に反日か
●「オレはカーペンター」汗だく大臣桜田義孝が直撃に「訴えてやる」
●キャスター畠山愛理嗚咽事件で甦る悪夢の新体操代表争い
●山尾志桜里が全面支援 尾張旭市長の「手つなぎラブホ写真」
●民宿経営、ライザップ…元DA PUMPの「カモンベイビー紅白」
●世田谷大量退職 企業型保育園社長が逆ギレ「保育士は皆サイコパス」
●阿川佐和子のこの人に会いたい 篠原涼子(女優)


グラビア
●原色美男図鑑 広瀬アリス 撮影・中村力也
●秋の京都でしあわせ朝ごはん

好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/能町みね子/近田春夫/土屋賢二/万城目学/出口治明/宮崎哲弥/海堂尊/原田マハ/真山仁


※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です

「週刊文春」作品一覧

(17冊)

352円〜463円(+税)

まとめてカート

■■■「イッテQ!」手越祐也 カリフラワー「祭り」にもデッチ上げ証言■■■
先週号で報じた「橋祭り」デッチ上げ疑惑は大騒動に発展した。
日テレは現地コーディネート会社に責任をかぶせ、「やらせ」を否定。
そんな折、小誌に寄せられた新疑惑――。
NEWSの手越祐也が参戦した「カリフラワー祭りinタイ」の実態を現地で徹底取材した。
・タイ観光局「祭りの申請はなかった」優勝者は「謝礼目当てで参加」
・“主犯”コーディネート会社社長は「日テレから謝罪があった」

■■■小室圭さん 卑猥ポーズ写真の波紋と秋篠宮さま「五つの宿題」■■■
小室さんの青春時代の一コマを報じた先週号に大きな反響が寄せられた。
なかでも、欧米に住む人や留学経験者からは「あれは人前でやってはいけないポーズだ」
「英国王室ならアウト」との指摘が相次いだ。
秋篠宮さまから課された「五つの宿題」に、小室さんは答えを見出せるのか。

■■■保存版 65歳になったら 相続「やることリスト30」■■■
「準備が一番大事」と専門家が口を揃える相続問題。
六十五歳になったらもう待ったなし。でも、何から手をつければいい?
誰に相談すれば? 夫が亡くなったらどうなるの?
そんな疑問に答えたのが「保存版やることリスト30」。これで相続の準備は完璧だ!
・孫への贈与がお得
・夫が入院したら通帳記入
・相談は弁護士より相続専門税理士に

■■片山さつき スキャンダルが止まらない■■
「政治とカネ」のスキャンダルが止まらない片山大臣。
もはや「疑惑のデパート」と化した片山氏だが、小誌の取材でまた新たな疑惑がふたつ浮上した。
ひとつは事務所の架空計上疑惑、そしてもうひとつは、大規模集会の収支不記載疑惑だ。

■■「好きな芸人」「嫌いな芸人」2018■■
初の試みだった前回は芸人本人が自分の順位をテレビでネタにするなど反響が大きかった。
今やバラエティだけでなくニュースやドラマにまで進出するお笑い芸人たち。
その社会的な影響力は大きくなっているが、お茶の間は彼らをどう見ているのか。
最新の好感度調査!

■■後藤田正純衆院議員が結婚詐欺で訴えられた■■
大叔父は「カミソリ」と呼ばれた名官房長官。妻は美人女優。
衆院選では七回連続当選と紛うことなきサラブレッドの後藤田氏。
毛並みの良さと選挙の強さ、甘いマスクは小泉進次郎氏に勝るとも劣らぬはずなのに
一体何があったのか。前代未聞の女性トラブルをスクープ!

■■司馬遼太郎・漫画化第2弾!「新選組血風録 前髪の惣三郎」作画・森秀樹■■
慶応三年、新選組は屯営を堀川へと移転し、何度目かの隊士募集を行う。
新たな入隊者のひとり、加納惣三郎は美しい青年だった。
鉄の規律で知られる新選組がたったひとりの若者のために乱れに乱れることになる。第七話!

●「原爆Tシャツ」でMステ出演中止 防弾少年団は本当に反日か
●「オレはカーペンター」汗だく大臣桜田義孝が直撃に「訴えてやる」
●キャスター畠山愛理嗚咽事件で甦る悪夢の新体操代表争い
●山尾志桜里が全面支援 尾張旭市長の「手つなぎラブホ写真」
●民宿経営、ライザップ…元DA PUMPの「カモンベイビー紅白」
●世田谷大量退職 企業型保育園社長が逆ギレ「保育士は皆サイコパス」
●阿川佐和子のこの人に会いたい 篠原涼子(女優)


グラビア
●原色美男図鑑 広瀬アリス 撮影・中村力也
●秋の京都でしあわせ朝ごはん

好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/能町みね子/近田春夫/土屋賢二/万城目学/出口治明/宮崎哲弥/海堂尊/原田マハ/真山仁


※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です

■■■「イッテQ!」は宮川大輔「祭り企画」をデッチ上げた■■■
4年連続「視聴率三冠」に輝く日本テレビを牽引する
日曜夜8時の「世界の果てまでイッテQ!」。
中でも、宮川が世界中の過激な祭りに参加するコーナーは大人気企画だ。
だが、5月20日放送の「橋祭り」に「そんな祭りは存在しない」と疑問の声が。
小誌記者はラオスに飛んだ。3週間に及ぶ現地取材で浮かび上がった
「やらせ」の驚くべき実態とは。

■■■40年ぶりの大改正で妻が得する新・相続術■■■
これまで夫に任せがちだった相続問題。
実は来年一月から順次施行される大改正で、妻や嫁が得する制度が次々と設けられたのだ。
しかし一方で、新たな落とし穴も生じている。
自宅は売却? 生前贈与? 財産目録のまとめ方は?
新・相続術を基礎から徹底解説!

■■■小室圭さん「チャラ男」写真に仰天■■■
小誌が入手した小室圭さんの写真は、六~七年前のクラブイベントでの一場面だ。
羽目を外していたのだろうか。写真に写る小室さんは茶髪で、
指には大きな指輪が光り、女性の肩に手を回し、楽しげにポーズを決めているのだ――。

■■片山さつき ウソの厚化粧を剥ぐ■■
小誌が報じてきた片山氏の「国税口利き疑惑」。
十一月一日から始まった予算委員会では、野党からの集中砲火にウソを交えた答弁を繰り返し、
永田町では「オオカミ大臣」のニックネームで呼ばれ始めている。
今回、小誌は、国会での片山答弁のウソを暴く南村元秘書と片山氏の
音声データを新たに公開する。

■■北朝鮮高官 宋日昊 150分会見記■■
「徴用工判決」に日韓が揺れる中、日朝交渉のキーマンは
韓国との違いを強調するかのように饒舌に語った。
「われわれが世界を動かしている」と自身を覗かせる一方で
「日本の人々をいつでも歓迎する」と秋波を送る、
北朝鮮高官の意味深長な“肉声”をスクープ!

■■「貴ノ岩よ、モンゴル互助会に取り込まれるな」貴乃花が吐露■■
十一月三日、四日に開催された福岡県田川市の「炭坑節まつり」。
同市の魅力向上大使を務める貴乃花は、父の代から縁のある「相撲茶屋貴ノ花」の
出店ブースの内側で、明るい笑顔を見せていた。
祭りには、三役に返り咲いた貴景勝、貴源治や貴公俊ら元貴乃花部屋の弟子たちも合流。
だが賑わう会場に、愛弟子の一人である貴ノ岩の姿はなかった――。

■■司馬遼太郎・漫画化第2弾!「新選組血風録 前髪の惣三郎」作画・森秀樹■■
慶応三年、新選組は屯営を堀川へと移転し、何度目かの隊士募集を行う。
新たな入隊者のひとり、加納惣三郎は美しい青年だった。
鉄の規律で知られる新選組がたったひとりの若者のために乱れに乱れることになる。第六話!

●独占告白 「SMは紳士の嗜み」高嶋政宏の変態宣言
●文在寅“徴用工暴走”で自爆する韓国
●“ラブレター”で「寅さん」出演 ゴクミ母が本誌に明かす復帰計画
●絵本が爆売れ ひょっこりはんに印税の使い道を聞いてみた
●兵庫3億円横領 56歳「不倫」女性役員が買ったルイ・ヴィトン2億円
●「来年は内定3人」「全国紙の看板を下ろす」!? 産経新聞社長の“正論”
●阿川佐和子のこの人に会いたい 平野啓一郎(作家)


グラビア
●原色美男図鑑 馬場ふみか 撮影・中村和孝
●デビュー40周年 高橋幸宏「ドラムは女を口説けない」
●原色美猫図鑑 「ねこ娘」の美少女化が止まらない!

好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/伊集院静/林真理子/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/能町みね子/近田春夫/土屋賢二/万城目学/出口治明/宮崎哲弥/海堂尊/原田マハ/真山仁


※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です

●やっぱり知っていた「100万円」授受 片山さつき本人音声公開
●スピリチュアル歌手妻の猛アタックに陥落した安田純平さんの自己責任
●テレビ東京「池の水ぜんぶ抜く」でボラ三千匹が大量死
●遺産争いに新展開 ドンファン妻が手にする15億円
●「レギュラー番組終了の原因」と怒り 橋下徹事務所が維新の会を訴えた
●ヒートテックに要注意 健康にいい肌着
●司馬遼太郎・漫画化第2弾!「新選組血風録 前髪の惣三郎」作画・森秀樹

・衝撃告白「不倫報道のおかげで…」ハズキルーペ会長が「渡辺謙に2億円」
・高円宮絢子さまを「あやちゃん」と呼ぶ新郎の“趣味”が凄すぎる
・十四光りキムタク娘 Koki,の足を引っ張る工藤静香のあの香り
・織田裕二50歳「スーツ」“舌好調”に鈴木保奈美が放った一言
・「いい男が寄ってこないの」田中みな実の“おひとりさま”シフト
・グラドルと再々婚芸能界のドン長男が小誌に「バーニングは父の代限り」
・阿川佐和子のこの人に会いたい 竹内涼真(俳優)

グラビア
・原色美女図鑑 武田梨奈 撮影・鈴木心

※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。

「週刊文春」の作品情報

レーベル
――
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 雑誌 ニュース・週刊誌 シリーズ予約
ページ数
153ページ (週刊文春 11月22日号)
配信開始日
2018年11月19日 (週刊文春 11月22日号)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad