電子書籍 週刊文春 実用

著: 司馬遼太郎  著: 森秀樹  他

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

週刊文春 7月19日号 あらすじ・内容

■■■総力特集 オウム麻原死刑執行■■■
・坂本弁護士一家殺害犯 6時間告白テープ初公開
「奥さんは『子どもだけは…』と言った」
オウム真理教が東京都から宗教法人の認証を得たのは一九八九年のこと。
この年、彼らは嬰児を含む一家三人を惨殺し、六年後に国家権力の打倒を目指す恐ろしいテロを起こす――。
凶暴化の最初の一歩となった事件のキーマン・岡崎一明死刑囚の肉声が、二十三年の時を経て開封された。

・自衛隊極秘文書入手 地下鉄サリン事件 史上最大の家宅捜索は「戦争」だった
・麻原の妻、娘、愛人は今… 女たちの骨肉の争い
・グラビア特集 「週刊文春」が撮った 実録・オウム事件

■■■東京医大裏口入学 バカ親文科相局長の異常な愛情■■■
局長が収賄事件で逮捕。ワイロは息子の裏口入学――。
教育行政を司る文科省で起きた信じがたい逮捕劇。
受験勉強に励む学生、家族を愚弄する事件はなぜ起きたのか。
徹底取材で見えてきたのはエリート官僚による呆れた親バカぶりと腐敗しきった大学の体質だった。
・「受験やめよっかな」息子は父の名刺を同級生に自慢
・特捜部が注目 センター試験直前に「セブ島」家族旅行

■■■横浜点滴殺人 「黒い看護師」を20人殺しに駆り立てた潔癖症とイジメ■■■
「二十人ぐらいにやった」。
驚愕の供述を始めたのは、地味で目立たぬ看護師だった――。
謎が多く、迷宮入りも囁かれた「横浜点滴殺人事件」は、発生から一年十カ月を経て解決に至った。
白衣の天使が「死の天使」へと変貌していった過程を徹底取材で解き明かす。

■■米最新研究で「睡眠不足はリスク増」判明 認知症を防ぐ睡眠術■■
徹夜をしたり夜更かしを続けると、脳に老廃物が溜まり、認知症のリスクが高まる――
そんな研究結果が明らかになった。
十分な睡眠は大事だが、専門家によれば、疲れたからといって
早く床に就きすぎるのも脳には良くないという。
高齢者必読の「正しい睡眠術」を伝授。

■■米業者から麻生財務相、官房副長官ら15人に
安倍政権中枢へのカジノ「脱法献金」リスト■■
目下、国会審議が進むカジノ法案だが、このまま成立させていいのだろうか――。
そんな疑問を抱かざるを得ないリストを取材班は入手した。
そこに名を連ねるのはカジノ旗振り役のセンセイ方。
横には二万円、十万円、二十万円……と種々の金額が列挙されていた。

■■「週刊新潮」食べてはいけない「国産食品」実名リストの罪■■
「週刊新潮」は五月十七日号から八号連続で、食品添加物の危険性を指摘し、
ソーセージやハム、カップ麺やパンなど、添加物が使用される「国産食品」を実名で列挙して報じてきた。
だが、新潮連載の最大のウリとも言えるこの「実名リスト」の公平性について、
疑問が投げかけられている。正直企業がトバッチリをうける、その仕組みとは。


■■司馬遼太郎・漫画化第2弾!「新選組血風録 菊一文字」作画・森秀樹■■
新選組屯営地の周辺で立て続けにおこる闇討ち。
そんな中、沖田総司は名刀・菊一文字を手にする。第四話


●憧れは長野 巨人柿沢 バット泥棒の最中バッティング絶好調
●CM、年俸2億円オファーも!? 西野監督はバブルへGO
●スタッフ半数が逃げた! デザイナー業界団体トップの壮絶パワハラ
●キンプリ大ヒットの裏にジャニー、メリー、ジュリーの三役揃い踏み
●役者バカ豊川悦司が朝ドラで「半分、お茶目」に
●阿川佐和子のこの人に会いたい 中村格子(整形外科医、医学博士、スポーツドクター)


グラビア
●原色美女図鑑 土屋太鳳 撮影・金玖美


好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/伊集院静/林真理子/水道橋博士/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/能町みね子/近田春夫/土屋賢二/万城目学/出口治明/宮崎哲弥/海堂尊/真山仁/原田マハ


※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

この作品を共有

「週刊文春」最新刊

■■■総力特集 オウム麻原死刑執行■■■
・坂本弁護士一家殺害犯 6時間告白テープ初公開
「奥さんは『子どもだけは…』と言った」
オウム真理教が東京都から宗教法人の認証を得たのは一九八九年のこと。
この年、彼らは嬰児を含む一家三人を惨殺し、六年後に国家権力の打倒を目指す恐ろしいテロを起こす――。
凶暴化の最初の一歩となった事件のキーマン・岡崎一明死刑囚の肉声が、二十三年の時を経て開封された。

・自衛隊極秘文書入手 地下鉄サリン事件 史上最大の家宅捜索は「戦争」だった
・麻原の妻、娘、愛人は今… 女たちの骨肉の争い
・グラビア特集 「週刊文春」が撮った 実録・オウム事件

■■■東京医大裏口入学 バカ親文科相局長の異常な愛情■■■
局長が収賄事件で逮捕。ワイロは息子の裏口入学――。
教育行政を司る文科省で起きた信じがたい逮捕劇。
受験勉強に励む学生、家族を愚弄する事件はなぜ起きたのか。
徹底取材で見えてきたのはエリート官僚による呆れた親バカぶりと腐敗しきった大学の体質だった。
・「受験やめよっかな」息子は父の名刺を同級生に自慢
・特捜部が注目 センター試験直前に「セブ島」家族旅行

■■■横浜点滴殺人 「黒い看護師」を20人殺しに駆り立てた潔癖症とイジメ■■■
「二十人ぐらいにやった」。
驚愕の供述を始めたのは、地味で目立たぬ看護師だった――。
謎が多く、迷宮入りも囁かれた「横浜点滴殺人事件」は、発生から一年十カ月を経て解決に至った。
白衣の天使が「死の天使」へと変貌していった過程を徹底取材で解き明かす。

■■米最新研究で「睡眠不足はリスク増」判明 認知症を防ぐ睡眠術■■
徹夜をしたり夜更かしを続けると、脳に老廃物が溜まり、認知症のリスクが高まる――
そんな研究結果が明らかになった。
十分な睡眠は大事だが、専門家によれば、疲れたからといって
早く床に就きすぎるのも脳には良くないという。
高齢者必読の「正しい睡眠術」を伝授。

■■米業者から麻生財務相、官房副長官ら15人に
安倍政権中枢へのカジノ「脱法献金」リスト■■
目下、国会審議が進むカジノ法案だが、このまま成立させていいのだろうか――。
そんな疑問を抱かざるを得ないリストを取材班は入手した。
そこに名を連ねるのはカジノ旗振り役のセンセイ方。
横には二万円、十万円、二十万円……と種々の金額が列挙されていた。

■■「週刊新潮」食べてはいけない「国産食品」実名リストの罪■■
「週刊新潮」は五月十七日号から八号連続で、食品添加物の危険性を指摘し、
ソーセージやハム、カップ麺やパンなど、添加物が使用される「国産食品」を実名で列挙して報じてきた。
だが、新潮連載の最大のウリとも言えるこの「実名リスト」の公平性について、
疑問が投げかけられている。正直企業がトバッチリをうける、その仕組みとは。


■■司馬遼太郎・漫画化第2弾!「新選組血風録 菊一文字」作画・森秀樹■■
新選組屯営地の周辺で立て続けにおこる闇討ち。
そんな中、沖田総司は名刀・菊一文字を手にする。第四話


●憧れは長野 巨人柿沢 バット泥棒の最中バッティング絶好調
●CM、年俸2億円オファーも!? 西野監督はバブルへGO
●スタッフ半数が逃げた! デザイナー業界団体トップの壮絶パワハラ
●キンプリ大ヒットの裏にジャニー、メリー、ジュリーの三役揃い踏み
●役者バカ豊川悦司が朝ドラで「半分、お茶目」に
●阿川佐和子のこの人に会いたい 中村格子(整形外科医、医学博士、スポーツドクター)


グラビア
●原色美女図鑑 土屋太鳳 撮影・金玖美


好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/伊集院静/林真理子/水道橋博士/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/能町みね子/近田春夫/土屋賢二/万城目学/出口治明/宮崎哲弥/海堂尊/真山仁/原田マハ


※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「週刊文春」作品一覧

(17冊)

352円〜463円(+税)

まとめてカート

■■■総力特集 オウム麻原死刑執行■■■
・坂本弁護士一家殺害犯 6時間告白テープ初公開
「奥さんは『子どもだけは…』と言った」
オウム真理教が東京都から宗教法人の認証を得たのは一九八九年のこと。
この年、彼らは嬰児を含む一家三人を惨殺し、六年後に国家権力の打倒を目指す恐ろしいテロを起こす――。
凶暴化の最初の一歩となった事件のキーマン・岡崎一明死刑囚の肉声が、二十三年の時を経て開封された。

・自衛隊極秘文書入手 地下鉄サリン事件 史上最大の家宅捜索は「戦争」だった
・麻原の妻、娘、愛人は今… 女たちの骨肉の争い
・グラビア特集 「週刊文春」が撮った 実録・オウム事件

■■■東京医大裏口入学 バカ親文科相局長の異常な愛情■■■
局長が収賄事件で逮捕。ワイロは息子の裏口入学――。
教育行政を司る文科省で起きた信じがたい逮捕劇。
受験勉強に励む学生、家族を愚弄する事件はなぜ起きたのか。
徹底取材で見えてきたのはエリート官僚による呆れた親バカぶりと腐敗しきった大学の体質だった。
・「受験やめよっかな」息子は父の名刺を同級生に自慢
・特捜部が注目 センター試験直前に「セブ島」家族旅行

■■■横浜点滴殺人 「黒い看護師」を20人殺しに駆り立てた潔癖症とイジメ■■■
「二十人ぐらいにやった」。
驚愕の供述を始めたのは、地味で目立たぬ看護師だった――。
謎が多く、迷宮入りも囁かれた「横浜点滴殺人事件」は、発生から一年十カ月を経て解決に至った。
白衣の天使が「死の天使」へと変貌していった過程を徹底取材で解き明かす。

■■米最新研究で「睡眠不足はリスク増」判明 認知症を防ぐ睡眠術■■
徹夜をしたり夜更かしを続けると、脳に老廃物が溜まり、認知症のリスクが高まる――
そんな研究結果が明らかになった。
十分な睡眠は大事だが、専門家によれば、疲れたからといって
早く床に就きすぎるのも脳には良くないという。
高齢者必読の「正しい睡眠術」を伝授。

■■米業者から麻生財務相、官房副長官ら15人に
安倍政権中枢へのカジノ「脱法献金」リスト■■
目下、国会審議が進むカジノ法案だが、このまま成立させていいのだろうか――。
そんな疑問を抱かざるを得ないリストを取材班は入手した。
そこに名を連ねるのはカジノ旗振り役のセンセイ方。
横には二万円、十万円、二十万円……と種々の金額が列挙されていた。

■■「週刊新潮」食べてはいけない「国産食品」実名リストの罪■■
「週刊新潮」は五月十七日号から八号連続で、食品添加物の危険性を指摘し、
ソーセージやハム、カップ麺やパンなど、添加物が使用される「国産食品」を実名で列挙して報じてきた。
だが、新潮連載の最大のウリとも言えるこの「実名リスト」の公平性について、
疑問が投げかけられている。正直企業がトバッチリをうける、その仕組みとは。


■■司馬遼太郎・漫画化第2弾!「新選組血風録 菊一文字」作画・森秀樹■■
新選組屯営地の周辺で立て続けにおこる闇討ち。
そんな中、沖田総司は名刀・菊一文字を手にする。第四話


●憧れは長野 巨人柿沢 バット泥棒の最中バッティング絶好調
●CM、年俸2億円オファーも!? 西野監督はバブルへGO
●スタッフ半数が逃げた! デザイナー業界団体トップの壮絶パワハラ
●キンプリ大ヒットの裏にジャニー、メリー、ジュリーの三役揃い踏み
●役者バカ豊川悦司が朝ドラで「半分、お茶目」に
●阿川佐和子のこの人に会いたい 中村格子(整形外科医、医学博士、スポーツドクター)


グラビア
●原色美女図鑑 土屋太鳳 撮影・金玖美


好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/伊集院静/林真理子/水道橋博士/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/能町みね子/近田春夫/土屋賢二/万城目学/出口治明/宮崎哲弥/海堂尊/真山仁/原田マハ


※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

※雑誌の巻頭モノクログラビア3頁、および特集記事頁内に掲載されているKEIKOさんの近影は、電子版には掲載されておりません。ご了承ください。

■■■「小室哲哉は許せない」 KEIKO親族怒りの告発■■■
「涙の会見はほとんど嘘」「彼は介護らしいことは何もしていない」と親族は憤る。
KEIKOが小四の漢字ドリルをやっているという小室の発言も「侮辱は許せない」。
今では日常生活に支障ないレベルまで回復しているという。
会見後、小室とは一度も会っていないというKEIKO本人のメッセージが本誌に寄せられた――。


■■■小室圭さん 2900万円超 裏切りのマンハッタン留学■■■
・「海外に行けば自然消滅」と予言していた千代田関係者
・秋篠宮ご夫妻は小室母子の釈明に納得できず「事情聴取」
・「私の太陽」と慕い続ける眞子さまは今も結婚に強いご意志
・トランプ大統領も フォーダム大学「有名OBリスト」
・世界一物価が高いNYの生活費を負担 雇い主弁護士直撃

■■■オフレコトラップ W杯裏実況■■■
・「白シャツがたまらない」西野監督にオバチャン熱狂
・1080円で選手に質問 ケイスケ・ホンダの新ビジネス
・痴漢、スリも続出 渋谷無法地帯 茫然自失の早朝レポート
・乾・柴崎・昌子 世界を驚愕させたサムライの切れ味
・小柳・手越・竹内……レッドカードコメンテーターは誰だ?

■■今年は暑いぞ! 「熱中症を防ぐ家」■■
・警戒ラインは室温28度、湿度70%
・マンション最上階は要注意
・扇風機の回しっぱなしはNG
・エアコン「除湿」「冷房」の使い方

■■安倍昭恵夫人と怪しい新興宗教■■
昭恵氏が入れ込む「こどもサミット」。
文字通りサミットの子ども版なら問題もないが、その実態はある新興宗教と密接な関わりが。
高額の受講料を取り、難病も治るという触れ込みだから怪しいことこの上ない。
宣伝に一役買う首相夫人の関与は極めて危険だ。

■■金正恩 3兆円支援を狙う「女エージェント」■■
昨年6月、首相官邸を訪れた韓国からの一行の動向を日韓の公安当局が注視している。
文在寅大統領の政務秘書官に加え、親北派の国会議員が多数含まれていたのだ。
面会の目的は一体何か。
その鍵は首相訪問をコーディネートした50代の日本人女性の存在にあった。

■■司馬遼太郎・漫画化第2弾!「新選組血風録 菊一文字」作画・森秀樹■■
新選組屯営地の周辺で立て続けにおこる闇討ち。
そんな中、沖田総司は名刀・菊一文字を手にする。新連載第三話


●死亡ネタでも大爆笑 桂歌丸は「生まれ変わっても落語家」
●大丈夫? ベッキー新恋人 片岡コーチの本命はガッキーだった!
●富山交番襲撃犯 元PTA会長で少年補導員だった父の鉄拳教育
●結婚も視界良好 石原さとみ IT社長と山Pの決定的な違い
●吉田栄作と熱愛 内山理名は刑事ドラマで共演した年上に弱い?
●阿川佐和子のこの人に会いたい 曽野綾子(作家)


グラビア
●原色美女図鑑 波瑠 撮影・倉繁利
●男の肖像 満島真之介


好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/伊集院静/林真理子/水道橋博士/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/能町みね子/近田春夫/土屋賢二/万城目学/出口治明/宮崎哲弥/海堂尊/真山仁/原田マハ


※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です

■■■「週刊新潮」食べてはいけない「国産食品」は本当に食べてはいけないのか?■■■
物議を醸す「週刊新潮」の「食べてはいけない『国産食品』」を徹底検証!
・新潮記事に評価書を引用された内閣府食品安全委員会の困惑
・ハムほか加工肉 危険の根拠「相乗毒性」は「人体に影響なし」
・東大名誉教授「新潮記事に科学的信頼性はありません」
・冷凍食品・レトルト「うまみ調味料で味覚障害」はエビデンスなし
・新潮コメント識者も「消費者の不安を煽る記事で粗がいっぱい」

■■■恒例アンケート「好きなアナ」「嫌いなアナ」2018■■■
水卜・カトパン・夏目の三強崩壊!? ランキングを引っかき回すのは
NHKを飛び出しジャーナリスト宣言が波紋を呼んだ有働アナ。
一方、スピード離婚の桑子アナと竹林不倫アナはやはり……。
変動激しい女性陣と評価が定まった男性陣。注目の最新好感度ランキング!

■■■「安倍昭恵さんを慰める会」を主催する女性経営者の打算■■■
古今東西、商人は権力に近づこうとするもの。
森友問題で窮地の昭恵氏に傘を差しかけたのは、保育業界の有名経営者。
安倍政権との距離を縮めてきた彼女の狙いは何なのか。
国家戦略特区にいたもう一人の「お友だち」との親密すぎる交際が明らかに。


■■練炭偽装殺人 足立朱美容疑者 「ホスト・大麻・逆恨み」■■
「ここまで大雑把な偽装殺人は珍しい」(捜査関係者)
自殺に見せかけ実弟を殺害、さらには怪文書をばらまき隠蔽工作を行なったとされる足立朱美容疑者。
過去には元夫を逮捕させようと定期入れに大麻を入れた事件も。
順風満帆だった彼女の人生に影を落とすこととなる一件とは――。

■■W杯異聞「ケイスケ・ホンダの逆襲」■■
・「大迫半端ない」生みの親はメガバンクで半端ない活躍
・西野監督サラリーマン時代は女子社員の採用担当
・世界が呆れたGK川島の言い訳 長友佑都の処世術
・桐谷美玲の次は逃げ恥女優? 柴崎岳モテ伝説

■■司馬遼太郎・漫画化第2弾!「新選組血風録 菊一文字」作画・森秀樹■■
新選組屯営地の周辺で立て続けにおこる闇討ち。
そんな中、沖田総司は名刀・菊一文字を手にする。新連載第二話


●ドンファン妻 独占告白でフジテレビが支払った交通費
●木南晴夏と電撃婚 玉木宏 条件は「4億円豪邸で母と同居」
●バレなきゃOK? ダウンタウン芸人拉致 TBSは確信犯か
●がん患者に暴言 穴見陽一議員は両親から1億円超の寄付
●「私はヒアリに刺された!」被害者が語る未体験の痛み
●阿川佐和子のこの人に会いたい 早河洋(テレビ朝日代表取締役兼CEO)


グラビア
●原色美女図鑑 荻野目洋子 撮影・下村一喜
●サザンオールスターズ 40周年ライブ密着撮


好評連載
司馬遼太郎/森秀樹/伊集院静/林真理子/水道橋博士/みうらじゅん/町山智浩/宮藤官九郎/尾木直樹/能町みね子/近田春夫/土屋賢二/万城目学/出口治明/宮崎哲弥/海堂尊/真山仁/原田マハ


※「週刊文春」電子版は、紙版とは一部内容が異なります。掲載されてない記事、ページがあります。ご応募できないプレゼントや懸賞があります。
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。


1959年創刊。多くの人気連載、名物グラビア企画に加えて、政治、経済、スポーツ、芸能とあらゆる分野のスクープ記事が満載。発行部数No.1の総合週刊誌です

「週刊文春」の作品情報

レーベル
――
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 雑誌 ニュース・週刊誌 シリーズ予約
ページ数
154ページ (週刊文春 7月19日号)
配信開始日
2018年7月16日 (週刊文春 7月19日号)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad