電子書籍 千代ノ介御免蒙る(双葉文庫) 文芸・小説

著者: 早見俊 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

千代ノ介御免蒙る : 1 目黒の鰻 あらすじ・内容

小十人組の御家人、一柳千代介の密かな楽しみは江戸に出回る見立て番付を眺めること。いい女房番付、美味い料理茶屋番付、はては強い博徒番付……母と許嫁の厳しい視線を浴びる千代介だったが、転機が訪れる。なんと暇を持て余した時の将軍・家斉より市中に出回る番付の真偽を探る「番付目付」役を拝命したのだ。葵の御紋入りの手形と大刀・南泉一文字を贈られた千代介は番付仲間の恵比寿屋やご隠居らと、老舗の裏の顔や闇に葬られた事件に迫っていく。超期待の新シリーズ!

この作品を共有

「千代ノ介御免蒙る(双葉文庫)」最新刊

千代ノ介と文代の婚礼が盛大に行われた。祝いの席には番付仲間の助次郎らに混じって、将軍家斉もお忍びで駆け付ける。宴たけなわ、蕎麦屋番付の大関である信濃屋の新蕎麦が縁起ものとして振る舞われ、すっかり気に入った家斉は、同店の大食い大会参戦を所望。渋々付き合う千代ノ介の目前で、参加者の男が悶絶して死ぬ。一体誰が、何のために毒を盛ったのか? 千代ノ介は男の素性を探り始める。人気シリーズ第三弾。

「千代ノ介御免蒙る(双葉文庫)」作品一覧

(3冊)

500円〜510円(+税)

まとめてカート

小十人組の御家人、一柳千代介の密かな楽しみは江戸に出回る見立て番付を眺めること。いい女房番付、美味い料理茶屋番付、はては強い博徒番付……母と許嫁の厳しい視線を浴びる千代介だったが、転機が訪れる。なんと暇を持て余した時の将軍・家斉より市中に出回る番付の真偽を探る「番付目付」役を拝命したのだ。葵の御紋入りの手形と大刀・南泉一文字を贈られた千代介は番付仲間の恵比寿屋やご隠居らと、老舗の裏の顔や闇に葬られた事件に迫っていく。超期待の新シリーズ!

将軍家斉をお忍びの花火見物に連れ出した番付目付の一柳千代ノ介は、両国橋に馬で乗り込み、転んだ親子を無礼討ちしようとした武士に遭遇。止めに入った千代ノ介の前に半纏姿の美女が飛び出し、武士を相手に胸のすくような啖呵を切る。お勢と名乗った女は大江戸花火番付にも載る老舗、鍵屋の花火師だった。粋なお勢に一目惚れした家斉は、お勢の花火見たさに巨大な楼閣を築くことを思い立つ。大好評シリーズ第二弾!

千代ノ介と文代の婚礼が盛大に行われた。祝いの席には番付仲間の助次郎らに混じって、将軍家斉もお忍びで駆け付ける。宴たけなわ、蕎麦屋番付の大関である信濃屋の新蕎麦が縁起ものとして振る舞われ、すっかり気に入った家斉は、同店の大食い大会参戦を所望。渋々付き合う千代ノ介の目前で、参加者の男が悶絶して死ぬ。一体誰が、何のために毒を盛ったのか? 千代ノ介は男の素性を探り始める。人気シリーズ第三弾。

「千代ノ介御免蒙る(双葉文庫)」の作品情報

レーベル
双葉文庫
出版社
双葉社
ジャンル
文芸・小説
ページ数
256ページ (千代ノ介御免蒙る : 1 目黒の鰻)
配信開始日
2016年5月28日 (千代ノ介御免蒙る : 1 目黒の鰻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad