電子書籍 グローバル中堅企業のためのアジア戦略 ―中国・ASEAN・インドの海外事業マネジメント 実用

著: 日本経営システム 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

グローバル中堅企業のためのアジア戦略 ―中国・ASEAN・インドの海外事業マネジメント あらすじ・内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。国内市場が停滞するなか、日本の中堅企業は海外戦略を再構築しなければならない時期に来ている。さらに海外現地法人の規模や機能が拡大しており、コンプライアンス・ガバナンスの必要性の高まりから現地法人の経営高度化が求められている。これに伴い、多くの企業が現地の文化や商習慣、規制などの対応に苦労している。本書ではグローバル展開する「中堅企業」の、とくに中国・ASEAN・インドなどアジア新興国での重要な経営課題を厳選。課題解決の視点や解決するためのポイントを、数多くの事例とコンサルティング経験をふまえて提案する。

この作品を共有

「グローバル中堅企業のためのアジア戦略 ―中国・ASEAN・インドの海外事業マネジメント」最新刊

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。国内市場が停滞するなか、日本の中堅企業は海外戦略を再構築しなければならない時期に来ている。さらに海外現地法人の規模や機能が拡大しており、コンプライアンス・ガバナンスの必要性の高まりから現地法人の経営高度化が求められている。これに伴い、多くの企業が現地の文化や商習慣、規制などの対応に苦労している。本書ではグローバル展開する「中堅企業」の、とくに中国・ASEAN・インドなどアジア新興国での重要な経営課題を厳選。課題解決の視点や解決するためのポイントを、数多くの事例とコンサルティング経験をふまえて提案する。

「グローバル中堅企業のためのアジア戦略 ―中国・ASEAN・インドの海外事業マネジメント」の作品情報

レーベル
――
出版社
東洋経済新報社
ジャンル
実用
ページ数
254ページ (グローバル中堅企業のためのアジア戦略 ―中国・ASEAN・インドの海外事業マネジメント)
配信開始日
2016年5月27日 (グローバル中堅企業のためのアジア戦略 ―中国・ASEAN・インドの海外事業マネジメント)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad