電子書籍 ホテル湊屋 文芸

著: 沢里裕二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ホテル湊屋 あらすじ・内容

新聞社の青森通信局で働く石黒正樹は、晴れて名古屋総局へ異動となった。日本海を沿って名古屋に移動する最中、気まぐれで降りた駅の近くにあるひなびたホテルに泊まることになる。対応したのは下着を着けてないようにすら見える色っぽい尻を持つ中居の安井久美子。年上の女が持つ色気に悩殺された正樹だが、久美子の顔に既視感を覚える。そして、青森時代に、着物の裾を開いて、女の秘部を開帳した事件を起こした女三味線師であることに気付いた。拳銃を乱射した男が久美子と逃亡したことを思い出し、スクープになると喜んだ正樹だったが、大浴場に入っていると、突然久美子が姿を現し……。

この作品を共有

「ホテル湊屋」最新刊

新聞社の青森通信局で働く石黒正樹は、晴れて名古屋総局へ異動となった。日本海を沿って名古屋に移動する最中、気まぐれで降りた駅の近くにあるひなびたホテルに泊まることになる。対応したのは下着を着けてないようにすら見える色っぽい尻を持つ中居の安井久美子。年上の女が持つ色気に悩殺された正樹だが、久美子の顔に既視感を覚える。そして、青森時代に、着物の裾を開いて、女の秘部を開帳した事件を起こした女三味線師であることに気付いた。拳銃を乱射した男が久美子と逃亡したことを思い出し、スクープになると喜んだ正樹だったが、大浴場に入っていると、突然久美子が姿を現し……。

「ホテル湊屋」の作品情報

レーベル
――
出版社
綜合図書
ジャンル
文芸 官能 官能小説
ページ数
33ページ (ホテル湊屋)
配信開始日
2016年7月8日 (ホテル湊屋)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad