電子書籍 諸葛孔明 文芸・小説

著: 陳舜臣 

まずは、無料で試し読み

試し読み

15ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

諸葛孔明 上巻 あらすじ・内容

後漢の光和四年(一八一)、琅邪の諸葛家に次男が誕生した。名は亮。四歳のとき、黄巾の乱が起こった。宦官と士大夫が抗争を繰り返した後漢王朝は衰微し、中国は未曾有の動乱期に入ったのである。父を亡くした孔明は叔父にひきとられ、襄陽で青年期を迎えた。覇を競いあった群雄の多くは滅び、袁紹を破った曹操が北方の大勢力となった。万民の幸福を希求し、天下の形成を冷静に分析する「臥竜」孔明の草廬を、荊州の劉表に身を寄せる劉備が訪れる……。透徹した史眼、雄渾の筆致がとらえた諸葛孔明の新しい魅力と壮大な「三国志」の世界。

この作品を共有

「諸葛孔明」最新刊

成都を無血開城させ、劉備は益州の主となった。孔明は新政権の安定に心血を注ぐが、荊州に留まり魏軍と対峙していた関羽は、呉に挟撃されて非業の死を遂げ、さらに張飛も逝った。呉への復讐戦で大敗したのち、主君劉備も死の床につく。後事を託された丞相孔明は、人材の養成と国力の充実をはかり、やがて後主劉禅に「出師の表」を呈して、北のかた漢中へ向かう。しかし、街亭で敗れた蜀軍は振るわない。死期の近いことを自覚した孔明は、輿に乗り白羽扇を手に、五丈原に陣を布く……。乱世に理知と誠意で立ち向かう孔明の感動的な生涯。

「諸葛孔明」作品一覧

(3冊)

各600円 (+税)

まとめてカート

後漢の光和四年(一八一)、琅邪の諸葛家に次男が誕生した。名は亮。四歳のとき、黄巾の乱が起こった。宦官と士大夫が抗争を繰り返した後漢王朝は衰微し、中国は未曾有の動乱期に入ったのである。父を亡くした孔明は叔父にひきとられ、襄陽で青年期を迎えた。覇を競いあった群雄の多くは滅び、袁紹を破った曹操が北方の大勢力となった。万民の幸福を希求し、天下の形成を冷静に分析する「臥竜」孔明の草廬を、荊州の劉表に身を寄せる劉備が訪れる……。透徹した史眼、雄渾の筆致がとらえた諸葛孔明の新しい魅力と壮大な「三国志」の世界。

三顧の礼にこたえ、孔明は劉備の幕僚となった。烏丸を討ち、袁家の息の根をとめた曹操は、荊州をめざして全軍を南下させる。劉備は夏口へと敗走、孔明は呉の孫権のもとに軍使として赴き、主戦論を説いて同盟を成立させる。劉備・孫権連合軍は赤壁の戦いに勝利し、曹操はひとまず北に去った。少年期、曹操による徐州大虐殺のあとを目の当たりにした孔明は、曹操による悪しき統一を防ぎ、万民を戦火から救うべく「天下三分の計」をたてる。人材を養成することに意を用い、さらに荊州、益州を手に入れるために、力を蓄えることに努めた。

成都を無血開城させ、劉備は益州の主となった。孔明は新政権の安定に心血を注ぐが、荊州に留まり魏軍と対峙していた関羽は、呉に挟撃されて非業の死を遂げ、さらに張飛も逝った。呉への復讐戦で大敗したのち、主君劉備も死の床につく。後事を託された丞相孔明は、人材の養成と国力の充実をはかり、やがて後主劉禅に「出師の表」を呈して、北のかた漢中へ向かう。しかし、街亭で敗れた蜀軍は振るわない。死期の近いことを自覚した孔明は、輿に乗り白羽扇を手に、五丈原に陣を布く……。乱世に理知と誠意で立ち向かう孔明の感動的な生涯。

「諸葛孔明」の作品情報

レーベル
中公文庫
出版社
中央公論新社
ジャンル
文芸・小説 日本文学 時代小説 三国志 歴史
ページ数
245ページ (諸葛孔明 上巻)
配信開始日
2013年8月8日 (諸葛孔明 上巻)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad