電子書籍 すみだ川物語 文芸

著: 富樫倫太郎 

まずは、無料で試し読み

試し読み

18ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

すみだ川物語 宝善寺組悲譚 あらすじ・内容

江戸の片隅で肩を寄せ合う、父・慎吉とお結・善太の姉弟。極貧の中で精一杯生きる三人には隠された大きな秘密があった……。子供達の儚い夢に容赦なく襲いかかる酷い現実。上納金を貪る、岡っ引き七蔵の企みが、姉弟の幼なじみ達を、そして慎吉を追い詰めていく──。鬼才待望の文庫書き下ろし第一弾!

この作品を共有

「すみだ川物語」最新刊

大黒屋与左衛門に七蔵殺しを命じられた伊之助。しかし、決行の前夜に母・お澄を失った伊之助の心は揺れる──。一方、思いがけない父・慎吉の告白に苦悩するお結と善太。裂かれ、ばらけた糸は、また一つに繋がるのか。幼くも無垢で真摯な愛の行方は……。

「すみだ川物語」作品一覧

(3冊)

各743円 (+税)

まとめてカート

江戸の片隅で肩を寄せ合う、父・慎吉とお結・善太の姉弟。極貧の中で精一杯生きる三人には隠された大きな秘密があった……。子供達の儚い夢に容赦なく襲いかかる酷い現実。上納金を貪る、岡っ引き七蔵の企みが、姉弟の幼なじみ達を、そして慎吉を追い詰めていく──。鬼才待望の文庫書き下ろし第一弾!

執拗な七蔵の強請りに、大黒屋与左衛門は宝善寺組・寅太郎らに七蔵殺しを命じる……。一方、生真面目に堅気として生きる達吉は、お結と伊之助の急接近に混乱、大きな過ちを犯してしまう。そして、命、旦夕に迫る慎吉は遺言のように自分の過去を語り始めた……。ついにお結の記憶の封印が解かれる……。

大黒屋与左衛門に七蔵殺しを命じられた伊之助。しかし、決行の前夜に母・お澄を失った伊之助の心は揺れる──。一方、思いがけない父・慎吉の告白に苦悩するお結と善太。裂かれ、ばらけた糸は、また一つに繋がるのか。幼くも無垢で真摯な愛の行方は……。

「すみだ川物語」の作品情報

レーベル
中公文庫
出版社
中央公論新社
ジャンル
文芸 日本文学 時代小説 歴史
ページ数
317ページ (すみだ川物語 宝善寺組悲譚)
配信開始日
2013年8月8日 (すみだ川物語 宝善寺組悲譚)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad