電子書籍 天保暴れ奉行 気骨の幕臣 矢部定謙 文芸

著: 中村彰彦 

まずは、無料で試し読み

試し読み

19ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

天保暴れ奉行(上) 気骨の幕臣 矢部定謙 あらすじ・内容

旗本の家に生まれ、小姓番組入り後、徒頭、先手頭兼火付盗賊改、堺奉行、大坂西町奉行と順調に出世。その裁きぶりは大岡越前守の再来と言われた、矢部駿河守定謙。大坂東町奉行所元与力の大塩平八郎とも昵懇となった彼は、勘定奉行昇進後に乱を起こした大塩父子の罪状をめぐり、ときの老中・水野忠邦と鋭く対立する。

この作品を共有

「天保暴れ奉行 気骨の幕臣 矢部定謙」最新刊

西の丸留守居役に降格、閑職に甘んじていた定謙だったが、小普請支配から江戸南町奉行に抜擢され、北町奉行「遠山の金さん」こと遠山景元とともに幕政の一角を担うことに。しかし、三方領知替えをめぐる措置で、老中首座・水野忠邦を諫止したことから、水野腹心の目付・鳥居耀蔵による暗い陰謀の標的となる。

「天保暴れ奉行 気骨の幕臣 矢部定謙」作品一覧

(2冊)

各800円 (+税)

まとめてカート

旗本の家に生まれ、小姓番組入り後、徒頭、先手頭兼火付盗賊改、堺奉行、大坂西町奉行と順調に出世。その裁きぶりは大岡越前守の再来と言われた、矢部駿河守定謙。大坂東町奉行所元与力の大塩平八郎とも昵懇となった彼は、勘定奉行昇進後に乱を起こした大塩父子の罪状をめぐり、ときの老中・水野忠邦と鋭く対立する。

西の丸留守居役に降格、閑職に甘んじていた定謙だったが、小普請支配から江戸南町奉行に抜擢され、北町奉行「遠山の金さん」こと遠山景元とともに幕政の一角を担うことに。しかし、三方領知替えをめぐる措置で、老中首座・水野忠邦を諫止したことから、水野腹心の目付・鳥居耀蔵による暗い陰謀の標的となる。

「天保暴れ奉行 気骨の幕臣 矢部定謙」の作品情報

レーベル
中公文庫
出版社
中央公論新社
ジャンル
文芸 日本文学 時代小説 歴史
ページ数
312ページ (天保暴れ奉行(上) 気骨の幕臣 矢部定謙)
配信開始日
2013年8月8日 (天保暴れ奉行(上) 気骨の幕臣 矢部定謙)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad