電子書籍 ちょっといい話(文春文庫) 文芸

著: 戸板康二 

まずは、無料で試し読み

試し読み

12ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

ちょっといい話 あらすじ・内容

堀口大學さんのところに、こういうふしぎな手紙がきたという。「貴大学の入学規則をお送り下されたく候」……文壇、芸能、スポーツの世界から学界、政界、財界にいたるまで、古今東西の著名人のエピソードを秘蔵のメモと交友録から精選し、“ちょっといい”ブームをまきおこした話題の逸話集。一つ一つの挿話を小さな芝居と感じさせる絶妙な語り口で運び、人間性の諸相を凝縮した表現の中で鮮やかに描き分けたユーモア小話集成の決定版。

この作品を共有

「ちょっといい話(文春文庫)」最新刊

「世の中を明るくする本……」「それぞれの話が小さなドラマの世界をつくり出し、最後のサゲで思わずニヤリとする……」「事実は小説よりめずらしい……」と、褒めそやされる「ちょっといい話」シリーズ。「しみじみ思うのは、元来みんな人間は善良だということである。多くの人が、ぼくの本をたのしんで笑ってくれたらしいので、ホッとしている」という著者の、長年の交友録やとっておきのメモから選びぬかれたエピソードは、ますます冴える語り口にのって、読み出したら止まらない。

「ちょっといい話(文春文庫)」作品一覧

(3冊)

400円〜600円(+税)

まとめてカート

堀口大學さんのところに、こういうふしぎな手紙がきたという。「貴大学の入学規則をお送り下されたく候」……文壇、芸能、スポーツの世界から学界、政界、財界にいたるまで、古今東西の著名人のエピソードを秘蔵のメモと交友録から精選し、“ちょっといい”ブームをまきおこした話題の逸話集。一つ一つの挿話を小さな芝居と感じさせる絶妙な語り口で運び、人間性の諸相を凝縮した表現の中で鮮やかに描き分けたユーモア小話集成の決定版。

好評シリーズ続編は、ちょっとひねって歳時記ふう、人国記ふうに。一月登場は勝海舟、エノケン、高峰秀子、四月の人物、三遊亭円生、清水次郎長、与謝野晶子。八月のエピソードは永井荷風、乃木希典夫妻。青森県が生んだ太宰治、寺山修司、沖縄県生まれの徳田球一、山之口貘、山梨県出身の小林一三、山本周五郎、石川県から泉鏡花、徳田秋声、室生犀星……。微苦笑から抱腹絶倒まで、最後の粋人が公開する人生の達人たちの秘話逸話大全集。どこから読んでも損するページはありません。

「世の中を明るくする本……」「それぞれの話が小さなドラマの世界をつくり出し、最後のサゲで思わずニヤリとする……」「事実は小説よりめずらしい……」と、褒めそやされる「ちょっといい話」シリーズ。「しみじみ思うのは、元来みんな人間は善良だということである。多くの人が、ぼくの本をたのしんで笑ってくれたらしいので、ホッとしている」という著者の、長年の交友録やとっておきのメモから選びぬかれたエピソードは、ますます冴える語り口にのって、読み出したら止まらない。

「ちょっといい話(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 エッセイ
ページ数
217ページ (ちょっといい話)
配信開始日
2016年6月24日 (ちょっといい話)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad