電子書籍 サンダカン八番娼館(文春文庫) 実用

著: 山崎朋子 

まずは、無料で試し読み

試し読み

13ページ読める

会員登録へ

無料アプリで今すぐ読書

パソコンはブラウザビューアで簡単に読書できます

BOOK☆WALKERでデジタルで読書を始めよう。

BOOK☆WALKERではパソコン、スマートフォン、タブレットで電子書籍をお楽しみいただけます。

購入した電子書籍は(無料本でもOK!)いつでもどこでも読める!

サンダカン八番娼館 底辺女性史序章 あらすじ・内容

かつて極貧から日本を離れ、東南アジアで春をひさいだ“からゆきさん”たちがいた。高齢の彼女たちの話を聞くのは今しかない──天草に出かけた著者は、偶然出会った老婆・おサキさんが“からゆきさん”と知り、素性を隠したまま、おサキさんの居候となる。ムカデのわく腐れ畳に起居をともにして語られた彼女の人生は近代日本の底辺の真実であり、わずか10歳で日本を離れて辛苦を舐めたおサキさん自身の驚くべきヒューマン・ドキュメントだ。大宅壮一賞受賞作品。

この作品を共有

「サンダカン八番娼館(文春文庫)」最新刊

かつて極貧から日本を離れ、東南アジアで春をひさいだ“からゆきさん”たちがいた。高齢の彼女たちの話を聞くのは今しかない──天草に出かけた著者は、偶然出会った老婆・おサキさんが“からゆきさん”と知り、素性を隠したまま、おサキさんの居候となる。ムカデのわく腐れ畳に起居をともにして語られた彼女の人生は近代日本の底辺の真実であり、わずか10歳で日本を離れて辛苦を舐めたおサキさん自身の驚くべきヒューマン・ドキュメントだ。大宅壮一賞受賞作品。

「サンダカン八番娼館(文春文庫)」の作品情報

レーベル
文春文庫
出版社
文藝春秋
ジャンル
実用 ノンフィクション
ページ数
240ページ (サンダカン八番娼館 底辺女性史序章)
配信開始日
2016年6月24日 (サンダカン八番娼館 底辺女性史序章)
対応端末
  • PCブラウザ
    ビューア
  • Android
    (スマホ/タブレット)
  • iPhone / iPad